ホーム > アルバム > ORC100159 ベートーヴェン/F. クープラン/ダカン/ドビュッシー/ヤナーチェク/西村朗:ピアノ作品集(Four Elements Vol.3)(小菅優)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ORC100159
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フランソワ・クープラン François Couperin , ルイ=クロード・ダカン Louis-Claude Daquin , クロード・ドビュッシー Claude Debussy , 西村朗 Akira Nishimura , ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven , レオシュ・ヤナーチェク Leoš Janáček , ジャン=フィリップ・ラモー Jean-Philippe Rameau
アーティスト
小菅優 Yu Kosuge

ベートーヴェン/F. クープラン/ダカン/ドビュッシー/ヤナーチェク/西村朗:ピアノ作品集(Four Elements Vol.3)(小菅優)

Piano Recital: Kosuge, Yu - BEETHOVEN, L. van / COUPERIN, F. / DAQUIN, L.-C. / DEBUSSY, C. / JANÁČEK, L. / NISHIMURA, Akira (4 Elements, Vol. 3: Wind)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ORC100159

全トラック選択/解除

ルイ=クロード・ダカン - Louis-Claude Daquin (1694-1772)

**:**
クラヴサン曲集 第1巻 - 組曲第3番

Premier livre de pieces de clavecin, Suite No. 3

録音: 22-24 September 2020, b-sharp Studio, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8446830
**:**
»  No. 1. Le Coucou
1.

-

**:**
»  No. 2. La ronde bachique
2.

-

フランソワ・クープラン - François Couperin (1668-1733)

**:**
クラヴサン曲集 第3巻 第17組曲 ホ短調
3.

Pieces de clavecin, Book 3: 17th Ordre in E Minor: The Little Windmills

録音: 22-24 September 2020, b-sharp Studio, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8446831

ジャン=フィリップ・ラモー - Jean-Philippe Rameau (1683-1764)

**:**
クラヴサン曲集 組曲 ホ短調
4.

Pieces de clavecin: Suite in E Minor: V. Le rappel des oiseaux

録音: 22-24 September 2020, b-sharp Studio, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8446832

西村朗 - Akira Nishimura (1953-)

**:**
迦陵頻伽 カラヴィンカ
5.

Kalavinka

録音: 22-24 September 2020, b-sharp Studio, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8446833

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 「テンペスト」 Op. 31, No. 2

Piano Sonata No. 17 in D Minor, Op. 31, No. 2, "Tempest"

録音: 22-24 September 2020, b-sharp Studio, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8446834
**:**
»  I. Largo - Allegro
6.

-

**:**
»  II. Adagio
7.

-

**:**
»  III. Allegretto
8.

-

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
前奏曲集 第1集(抜粋)

Préludes, Book 1 (excerpts)

録音: 22-24 September 2020, b-sharp Studio, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8446835
**:**
»  No. 2. Voiles
9.

-

**:**
»  No. 3. Le vent dans la plaine
10.

-

**:**
»  No. 7. Ce qu'a vu le vent d'ouest
11.

-

レオシュ・ヤナーチェク - Leoš Janáček (1854-1928)

**:**
霧の中で JW VIII/22

V mlhách (In the Mists), JW VIII/22

録音: 22-24 September 2020, b-sharp Studio, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8446836
**:**
»  I. Andante
12.

-

**:**
»  II. Molto adagio
13.

-

**:**
»  III. Andantino
14.

-

**:**
»  IV. Presto
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/01/01
ピアニスト、小菅優が2017年から取り組んで来たコンサート・シリーズ「Four Elements」(四元素/水・火・風・大地)。第3作のテーマは「風」。旧約聖書の創世紀では、最初の人間アダムの誕生についてこう書かれています:「主なる神は、土の塵で人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。」人間の生命について、聖書に限らず伝説や神話の中でも、魂や霊のような目に見えないものの存在がよく出てきます。(中略)息、風、大気、魂、命・・・今回の公演では、目に見えないものに焦点をあて、さわやかな風の描写をはじめ、ミステリアスで内面的な作品を中心に人間の心の奥深くまで探っていきたいと思います。 (小菅優、2019年のコンサート・プログラムより)彼女が幼いころから好きだったというラモー、クープラン、ダカンと言ったフランス・バロックの小品で始まり、毎回必ず含まれる日本人作曲家の作品、西村朗の『カラヴィンカ(迦陵頻伽 かりょうびんが=極楽に住むとされる人間の顔、鳥の体を持つ特別な鳥で、美しい声によって仏陀の言葉を歌い、人々の魂を救済するとされています)が続きます。そして、彼女の代名詞とも言えるベートーヴェン作品からの『テンペスト(嵐)』、ドビュッシーの前奏曲から風にまつわる3曲が続き、「この曲でプログラムを終えたい」と願ったヤナーチェクの『霧の中で』で幕を閉じるという構成。どの曲も神秘的な雰囲気を携えながら、聴き手の想像力を強く刺激します。近年ますます実力を深める彼女の多彩な表現力を存分に味わえる1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。