ホーム > アルバム > OVCL-00006 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」(九州交響楽団/小林研一郎)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OVCL-00006
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
作詞家
フリードリヒ・フォン・シラー Friedrich von Schiller
アーティスト
栗林朋子 Tomoko Kuribayashi , 小林研一郎 Ken-Ichiro Kobayashi , 高橋薫子 Nobuko Takahashi , 伊達英二 Eiji Date , 直野資 Tasuku Naono , 九州交響楽団 Kyushu Symphony Orchestra , 福岡県合唱連盟 Fukuoka Department Choral Association

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」(九州交響楽団/小林研一郎)

BEETHOVEN, L. van: Symphony No. 9, "Choral" (Kobayashi)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OVCL-00006

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」 Op. 125

Symphony No. 9 in D Minor, Op. 125, "Choral"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2403131
**:**
»  I. Allegro ma non troppo, un poco maestoso
1.

-

**:**
»  II. Molto vivace
2.

-

**:**
»  III. Adagio molto e cantabile - Andante moderato
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto - Allegro assai
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2020/04/09
《炎のコバケン、傘寿おめでとうございます!》 本日4月9日は「炎のマエストロ」小林研一郎氏の誕生日です。国内外のさまざまなオーケストラと熱い録音を数多くしており、その中からご紹介するのは九州交響楽団とのアルバムです。1998年12月に行われた福岡サンパレスホールでのライヴ録音で、ライブならではの臨場感あふれるアルバムです。特に4楽章の歓喜の歌では、燃えたぎる指揮が目に浮かぶようです。フィナーレに向かうにしたがって、オーケストラも合唱もだんだんテンションが上がっていきます(コバケンさんの唸り声も入っています)。炎の男による、炎の第九で気持ちを高めましょう。(本欄では今後週2回程度の更新で、日本のプロオーケストラのアルバムを、ナクソス独自のセレクションで紹介してまいります。ぜひ各団体の個性を感じていただき、近い将来の公演にお出かけいただければ幸いです)
レビュアー: ハマの九州ダンぢい 投稿日:2020/04/10
地域に根付き、地域を支える交響楽団には、独特の音がある。燃え始めるとますます勢いを増す九州人。情熱の塊のような九響メンバーの演奏を燃え上がらせた炎の男のタクト。コバケン白寿記念の演奏会を楽しみにしている。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。