ホーム > アルバム > OVCL-00351 ラヴェル:ラ・ヴァルス/鏡/ツィガーヌ/クープランの墓/ボレロ(木嶋真優/NHK交響楽団/アシュケナージ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
OVCL-00351
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
編曲者
ベイツ Bates,
アーティスト
NHK交響楽団 NHK Symphony Orchestra , ウラディーミル・アシュケナージ Vladimir Ashkenazy , 木嶋真優 Mayu Kishima

ラヴェル:ラ・ヴァルス/鏡/ツィガーヌ/クープランの墓/ボレロ(木嶋真優/NHK交響楽団/アシュケナージ)

RAVEL, M.: Valse (La) / Miroirs / Tzigane / Le tombeau de Couperin / Boléro (Kishima, NHK Symphony, Ashkenazy)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OVCL-00351

全トラック選択/解除

Disc 1

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
ラ・ヴァルス(管弦楽版)
1.

La valse (version for orchestra)

録音: 20-21 June 2003, Sumida Triphony Hall, Tokyo, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6035179
 
**:**
鏡(管弦楽版)

Miroirs (version for orchestra)

録音: 20-21 June 2003, Sumida Triphony Hall, Tokyo, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6141511
**:**
»  No. 1. Noctuelles
2.

-

**:**
»  No. 2. Oiseaux tristes
3.

-

**:**
»  No. 3. Une barque sur l'océan
4.

-

**:**
»  No. 4. Alborada del gracioso
5.

-

**:**
»  No. 5. La vallee des cloches
6.

-

Disc 2

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
ツィガーヌ(ヴァイオリンと管弦楽版)
1.

Tzigane (version for violin and orchestra)

録音: 20-21 June 2003, Sumida Triphony Hall, Tokyo, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6141512
 
**:**
クープランの墓(管弦楽版)

Le tombeau de Couperin (version for orchestra)

録音: 20-21 June 2003, Sumida Triphony Hall, Tokyo, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6141513
**:**
»  No. 1. Prelude
2.

-

**:**
»  No. 2. Fugue
3.

-

**:**
»  No. 3. Forlane
4.

-

**:**
»  No. 4. Rigaudon
5.

-

**:**
»  No. 5. Menuet
6.

-

**:**
»  No. 6. Toccata
7.

-

 
**:**
ボレロ(ベイツによる管弦楽編)
8.

Bolero (arr. Bates for orchestra)

録音: 20-21 June 2003, Sumida Triphony Hall, Tokyo, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6141514
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2020/07/02
《アシュケナージ、音楽監督就任前の名演!》 2020年1月に突如引退を発表したウラディーミル・アシュケナージが、2004年から2007年まで勤めたNHK交響楽団の音楽監督就任前に録音されたラヴェル作品集。ラ・ヴァルスの切れ味のよさに始まり、妖艶な雰囲気を醸し出している「鏡」、アシュケナージが自ら抜擢したヴァイオリンの木嶋真優のソロによる超絶ツィガーヌ、締めくくりは壮大なボレロ。フランスのオーケストラに負けじとも劣らない、輝かしいサウンドを聴かせてくれる1枚です。(本欄では週1〜2回程度の更新で、日本のプロオーケストラ、吹奏楽団のアルバムを、ナクソス独自のセレクションで定期的に紹介いたします。ぜひ各団体の個性を感じていただき、近い将来の公演にお出かけいただければ幸いです。)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。