ホーム > アルバム > OVCL-00481 ドヴォルザーク:交響曲第4番/3つのスラヴ狂詩曲 Op. 45, No. 2 (日本センチュリー響/沼尻竜典)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OVCL-00481
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák
アーティスト
沼尻竜典 Ryusuke Numajiri , 日本センチュリー交響楽団 Japan Century Symphony Orchestra

ドヴォルザーク:交響曲第4番/3つのスラヴ狂詩曲 Op. 45, No. 2 (日本センチュリー響/沼尻竜典)

DVOŘÁK, A.: Symphony No. 4 / 3 Slavonic Rhapsodies, Op. 45, No. 2 (Japan Century Symphony, Ryusuke Numajiri)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OVCL-00481

全トラック選択/解除

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
交響曲第4番 ニ短調 Op. 13, B. 41

Symphony No. 4 in D Minor, Op. 13, B. 41

録音: The Symphony Hall, Osaka, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7361368
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante sostenuto e molto cantabile
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro feroce
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro con brio
4.

-

 
**:**
3つのスラヴ狂詩曲 Op. 45 - 第2番 ト短調
5.

3 Slavonic Rhapsodies, Op. 45, B. 86: No. 2 in G Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7361369
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: Tossy 投稿日:2020/05/26
スメタナの「わが祖国」後半の各交響詩の持つイメージに近い感触を持つこともあって、私はドヴォルザークの第4交響曲が昔から好きで、多くの演奏を楽しんでいます。ノイマンなどのチェコの演奏家以外に、ケルテスやアンゲーロフらによるものを好んで聴いてきました。沼尻さんの演奏はこの曲特有のどろどろとした雰囲気が浄化されすぎの気配がないとは言えません。しかし、バランスの良い美しい演奏で、ブラームスの影響がまだ顕著ではない時代のドヴォルザークの魅力を十二分に伝えてくれています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。