ホーム > アルバム > OVCL-00600 マーラー:交響曲第1番「巨人」(新日本フィル/上岡敏之)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OVCL-00600
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
上岡敏之 Toshiyuki Kamioka , 新日本フィルハーモニー交響楽団 New Japan Philharmonic Orchestra

マーラー:交響曲第1番「巨人」(新日本フィル/上岡敏之)

MAHLER, G.: Symphony No. 1, "Titan" (New Japan Philharmonic, Toshiyuki Kamioka)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OVCL-00600

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

Symphony No. 1 in D Major, "Titan"

録音: 16, 18 March 2016, Live recording, Japan
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6672832
**:**
»  I. Langsam, schleppend
1.

-

**:**
»  II. Kräftig bewegt, doch nicht zu schnell
2.

-

**:**
»  III. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen
3.

-

**:**
»  IV. Sturmisch bewegt
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2020/06/01
《音楽監督着任前の感動ライヴ!》 新日本フィルハーモニー交響楽団の音楽監督上岡敏之氏が、2006年9月の音楽監督就任前に共演したライヴ録音。上岡氏独特のカンタービレやテンポ設定、なかでもグリッサンドの味付けは他には見ない個性あふれる解釈です。聴き手をドキドキさせ、飽きのこない素晴らしい演奏です。5/31にBSで放送されたドキュメンタリー「はなれてひとつに奏でる〜奇跡の“パプリカ”誕生秘話〜」で、新日本フィルハーモニー交響楽団のメンバーによる感動的なリモートオーケストラが演奏されました。活動休止中のメンバーたちの苦労あり、笑いありの感動秘話に元気を貰いました。(本欄では週1〜2回程度の更新で、日本のプロオーケストラ、吹奏楽団のアルバムを、ナクソス独自のセレクションで定期的に紹介いたします。ぜひ各団体の個性を感じていただき、近い将来の公演にお出かけいただければ幸いです。)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。