ホーム > アルバム > PH07052 ティペット:オラトリオ「われらの時代の子」(シュターツカペレ・ドレスデン/C. デイヴィス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
PH07052
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
マイケル・ティペット Michael Tippett
作詞家
マイケル・ティペット Michael Tippett
アーティスト
ノラ・グビシュ Nora Gubisch , シュターツカペレ・ドレスデン Dresden Staatskapelle , ウーテ・ゼルビヒ Ute Selbig , コリン・デイヴィス Colin Davis , ドレスデン国立歌劇場合唱団 Dresden State Opera Chorus , ジェリー・ハドリー Jerry Hadley , ロベルト・ホル Robert Holl

ティペット:オラトリオ「われらの時代の子」(シュターツカペレ・ドレスデン/C. デイヴィス)

TIPPETT, M.: Child of Our Time (A) (C. Davis) (Staatskapelle Dresden Edition, Vol. 25)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/PH07052

全トラック選択/解除

マイケル・ティペット - Michael Tippett (1905-1998)

**:**
オラトリオ「われらの時代の子」

A Child of Our Time

録音: July 2003, Semperoper Dresden, Dresden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/193321
**:**
»  Part I: The world turns on its dark side (Chorus)
1.

-

**:**
»  Part I: The Argument: Man has measured the heavens (Alto)
2.

-

**:**
»  Part I: Interludium attacca
3.

-

**:**
»  Part I: Scene: Is evil then good? (Chorus, Alto)
4.

-

**:**
»  Part I: Now in each nation (Bass)
5.

-

**:**
»  Part I: Chorus of the Oppressed: When shall the userers' city cease (Chorus)
6.

-

**:**
»  Part I: I have no money for my bread (Tenor)
7.

-

**:**
»  Part I: How can I cherish my man in such days (Soprano)
8.

-

**:**
»  Part I: A Spiritual: Steal away (Chorus, Soprano, Tenor)
9.

-

**:**
»  Part II: A star rises in mid-winter (Chorus)
10.

-

**:**
»  Part II: And a time came (Bass)
11.

-

**:**
»  Part II: Double Chorus of Persecutors and Persecuted: Away with them! (Double Chorus)
12.

-

**:**
»  Part II: Where they could, they fled (Bass)
13.

-

**:**
»  Part II: Chorus of the Self-righteous: We cannot have them in our Empire (Chorus)
14.

-

**:**
»  Part II: And the boy's mother wrote a letter (Bass)
15.

-

**:**
»  Part II: Scene: O my son! (Soprano, Alto, Tenor, Bass)
16.

-

**:**
»  Part II: A Spiritual: Nobody knows the trouble I see, Lord (Chorus, Soprano, Tenor)
17.

-

**:**
»  Part II: Scene: The boy becomes desperate in his agony (Bass, Alto)
18.

-

**:**
»  Part II: They took a terrible vengeance (Bass)
19.

-

**:**
»  Part II: The Terror: Burn down their houses! (Chorus)
20.

-

**:**
»  Part II: Men were ashamed of what was done (Bass)
21.

-

**:**
»  Part II: A Spiritual of Anger: Go down, Moses (Chorus, Bass)
22.

-

**:**
»  Part II: The boy sings in his prison: My dreams are all shattered (Tenor)
23.

-

**:**
»  Part II: What have I done to you, my son? (Soprano)
24.

-

**:**
»  Part II: The dark forces rise like a flood (Alto)
25.

-

**:**
»  Part II: A Spiritual: O, by and by (Chorus, Soprano)
26.

-

**:**
»  Part III: The cold deepens (Chorus)
27.

-

**:**
»  Part III: The soul of man (Alto)
28.

-

**:**
»  Part III: Scene: The words of wisdom are these (Bass, Chorus)
29.

-

**:**
»  Part III: Praludium attacca
30.

-

**:**
»  Part III: General Ensemble: I would know my shadow and my light (Chorus, Soprano, Alto, Tenor, Bass)
31.

-

**:**
»  Part III: A Spiritual: Deep river (Chorus, Soprano, Alto, Tenor, Bass)
32.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 一燈照隅 投稿日:2015/08/11
今年は第2次世界大戦が終結してから70年。日本では8月は特別な月ですが、その8月に私が聴きたくなる曲のひとつがティペットの「われらが時代の子」です。ドイツにおけるユダヤ人迫害に心を痛め、怒りを覚えたティペットが1938年に起きたユダヤ人少年による外交官殺害事件を題材として書かれたオラトリオです。曲の作り方がバッハの「マタイ受難曲」とそっくりで、各独唱者と合唱がそれぞれの役を担うところやコラールに相当する部分に黒人霊歌が使われています。演奏は少し粗いのですが、それがかえって歴史的事実に対する「怒り」の気持ちを伝えているような気がしています。特に、ユダヤ人少年を歌うテノールのハドリーの感情移入がとても印象に残ります。コリン・ディヴィスはこの後にもこの曲を録音しているので(その演奏もNMLにあります)聴き比べをしてみてもいいでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。