ホーム > アルバム > PMR0013 モーツァルト:ディヴェルティメント K. 563 (エーレンフェルナー/レルマー/ルンメル)

モーツァルト:ディヴェルティメント K. 563 (エーレンフェルナー/レルマー/ルンメル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
PMR0013
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
クリストフ・エーレンフェルナー Christoph Ehrenfellner , マルティン・ルンメル Martin Rummel , フィルミアン・レルマー Firmian Lermer

モーツァルト:ディヴェルティメント K. 563 (エーレンフェルナー/レルマー/ルンメル)

MOZART, W.A.: Divertimento, K. 563 (Ehrenfellner, Lermer, Rummel)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/PMR0013

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ディヴェルティメント 変ホ長調 K. 563

Divertimento in E-Flat Major, K. 563

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1097434
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Menuetto: Allegretto - Trio
3.

-

**:**
»  IV. Andante
4.

-

**:**
»  V. Menuetto: Allegretto - Trio I - Trio II
5.

-

**:**
»  VI. Allegro
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/03/01
「ジュピター」のほぼ1か月後に作曲された、モーツァルトのこのディヴェルティメントは、音楽的にも演奏技術の面でも高度なものを要求する、とても完成度の高い作品です。初演の際、モーツァルトがヴィオラ・パートを演奏したと伝えられますが、中々凝った奏法が見られ、モーツァルトはピアノやヴァイオリンだけでなく、ヴィオラの名手でもあったようです。親密さと緊張感に溢れた演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。