ホーム > アルバム > PMR0044 ホロヴィッツ/マルティヌー/ミヨー/ガーシュウィン/グルギン:クラリネット作品集(ファイルマイア)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
PMR0044
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
イサーク・アルベニス Isaac Albéniz , ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin , カルロス・ガルデル Carlos Gardel , アンテ・グルギン Ante Grgin , パキート・デリヴェラ Paquito d' Rivera , ヨーゼフ・ホロヴィッツ Joseph Horovitz , ボフスラフ・マルティヌー Bohuslav Martinů , ダリウス・ミヨー Darius Milhaud
編曲者
ジョン・ウィリアムズ John Williams , フリッツ・クライスラー Fritz Kreisler , ジェームズ・コーン James Cohn
アーティスト
フローリアン・ファイルマイア Florian Feilmair , ベンジャミン・ファイルマイア Benjamin Feilmair

ホロヴィッツ/マルティヌー/ミヨー/ガーシュウィン/グルギン:クラリネット作品集(ファイルマイア)

Clarinet Recital: Feilmair, Benjamin - HOROVITZ, J. / MARTINŮ, B. / MILHAUD, D. / GERSHWIN, G. / GRGIN, A. (Don't Mind The Gap!)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/PMR0044

全トラック選択/解除

ヨーゼフ・ホロヴィッツ - Joseph Horovitz (1926-)

**:**
クラリネット・ソナチネ 変ロ長調

Clarinet Sonatina in B-Flat Major

録音: 30-31 October 2013, Schloss Weinberg, Kefermarkt, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3404802
**:**
»  I. Allegro calmato
1.

-

**:**
»  II. Lento, quasi andante
2.

-

**:**
»  III. Con brio
3.

-

ボフスラフ・マルティヌー - Bohuslav Martinů (1890-1959)

**:**
クラリネット・ソナチネ H. 356

Clarinet Sonatina, H. 356

録音: 30-31 October 2013, Schloss Weinberg, Kefermarkt, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3408529
**:**
»  I. Moderato
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Poco allegro
6.

-

ダリウス・ミヨー - Darius Milhaud (1892-1974)

**:**
スカラムーシュ Op. 165d (クラリネットとピアノ編)

Scaramouche, Op. 165d (version for clarinet and piano)

録音: 30-31 October 2013, Schloss Weinberg, Kefermarkt, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3408530
**:**
»  I. Vif
7.

-

**:**
»  II. Modéré
8.

-

**:**
»  III. Brazileira
9.

-

ジョージ・ガーシュウィン - George Gershwin (1898-1937)

**:**
3つの前奏曲(J. コーンによるクラリネットとピアノ編)

3 Preludes (arr. J. Cohn for clarinet and piano)

録音: 30-31 October 2013, Schloss Weinberg, Kefermarkt, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3408531
**:**
»  No. 1 in B-Flat Major: Allegro ben ritmato e deciso
10.

-

**:**
»  No. 2 in C-Sharp Minor: Andante con moto e poco rubato
11.

-

**:**
»  No. 3 in E-Flat Minor: Allegro ben ritmato e deciso
12.

-

アンテ・グルギン - Ante Grgin (1945-)

**:**
狂詩曲
13.

Rhapsody

録音: 30-31 October 2013, Schloss Weinberg, Kefermarkt, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3408532

イサーク・アルベニス - Isaac Albéniz (1860-1909)

**:**
スペイン Op. 165 - 第2曲 タンゴ(編曲:F. クライスラー)
14.

España, Op. 165: No. 2. Tango (arr. F. Kreisler)

録音: 30-31 October 2013, Schloss Weinberg, Kefermarkt, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3408533

カルロス・ガルデル - Carlos Gardel (1890-1935)

**:**
ポル・ウナ・カベサ(首の差で)(編曲:J. ウィリアムズ)
15.

Por una cabeza (arr. J. Williams)

録音: 30-31 October 2013, Schloss Weinberg, Kefermarkt, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3408535

パキート・デリヴェラ - Paquito d' Rivera (1948-)

**:**
3つの小品(抜粋)

3 Pieces (excerpts)

録音: 30-31 October 2013, Schloss Weinberg, Kefermarkt, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3408534
**:**
»  No. 3. Vals Venezolano
16.

-

**:**
»  No. 1. Contradanza
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/12/01
2011年、弱冠21歳で素晴らしいデビューアルバムをリリースしたベンヤミン・ファイルマイア。その類い稀なる才能はあらゆる方面で高く評価され、2013/14年度の「バンク・オーストリア・アーティスト」にも選ばれました。そんな彼のデビュー作は、ウェーバーやプーランク、フランセなどのオーソドックスなレパートリーが占めていましたが、今作はちょっぴり冒険的で挑戦的。どの曲も現代のトレンドを占めるジャンルの「前駆体」であり、作曲された当時は極めて前衛的であったものが、いつしかすんなり溶け込んでいるといった曲たちなのです。ジャズやタンゴ、ラグタイムなどが発生した時代を知る由もない彼がこれらを何事もないかのように吹いている姿。確かにタイトル通り「ギャップなんて気にするな」ということでしょうか。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。