ホーム > アルバム > PSC1182 ベートーヴェン:管弦楽作品全集 4 - 交響曲第7番/劇音楽「エグモント」(ボンデ=ハンセン/スウェーデン室内管/ダウスゴー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
PSC1182
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
作詞家
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ Johann Wolfgang von Goethe
アーティスト
スウェーデン室内管弦楽団 Swedish Chamber Orchestra , トマス・ダウスゴー Thomas Dausgaard , ヘンリエテ・ボンヌ=ハンセン Henriette Bonde-Hansen

ベートーヴェン:管弦楽作品全集 4 - 交響曲第7番/劇音楽「エグモント」(ボンデ=ハンセン/スウェーデン室内管/ダウスゴー)

BEETHOVEN, L. van: Orchestral Music (Complete), Vol. 4 (Dausgaard) - Symphony No. 7 / Egmont (Complete)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/PSC1182

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
交響曲第7番 イ長調 Op. 92

Symphony No. 7 in A Major, Op. 92

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225743
**:**
»  I. Poco sostenuto - Vivace
1.

-

**:**
»  II. Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Presto, assai meno presto
3.

-

**:**
»  IV. Allegro con brio
4.

-

 
**:**
劇音楽「エグモント」 Op. 84

Egmont, Op. 84

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/225744
**:**
»  Overture
5.

-

**:**
»  Song, Die Trommel geruhet (The Drum Resounds) (Clara)
6.

-

**:**
»  Entr'acte No. 1. Andante - Allegro con Brio
7.

-

**:**
»  Entr'acte No. 2. Larghetto
8.

-

**:**
»  Song, Freudvoll und Leidvoll (Blissful and Tearful) (Clara)
9.

-

**:**
»  Entr'acte No. 3. Allegro - Marcia, Vivace
10.

-

**:**
»  Entr'acte No. 4. Larghetto
11.

-

**:**
»  Clara's Death: Larghetto
12.

-

**:**
»  Melodrama (Egmont)
13.

-

**:**
»  Sieges Symphonie
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2008/11/06
北欧を代表する指揮者トマス・ダウスゴーの、ベーレンライター版による全集から交響曲第7番をご紹介します。ノン・ヴィヴラートの古楽奏法を意識した演奏でありながら、ほどよく重みのある、かっちりした響きが感じられます。積極的で乗りも良く、インパクトのある演奏なのですが、端正さを失わないところが、ダウスゴーらしいです。
レビュアー: 雅哉 投稿日:2012/03/22
2012年、新日本フィルの指揮台に立ち、話題沸騰したダウスゴーによるベートーヴェンです。ピリオド奏法(ノン・ヴィブラート、音と音は繋げず短く切るアーティキュレーション)を選択していますが、第1,2楽章は同種のスタイルによる他の指揮者のものと比べ、テンポが遅めでコントラバスを強調。野生の本能が目覚めます。ビートが効いて躍動する第3楽章を経て、終楽章ではマグマが噴出!金管が雄叫びを上げ、音楽は猪突猛進、一気呵成にゴールになだれ込むのです。また、”踊る”「エグモント」序曲にもただただ唖然とさせられることでしょう。ダウスゴー、恐るべし。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。