ホーム > アルバム > PTC5186449 ブルックナー:交響曲第3番(スイス・ロマンド管/ヤノフスキ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
PTC5186449
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントン・ブルックナー Anton Bruckner
アーティスト
スイス・ロマンド管弦楽団 Swiss Romande Orchestra , マレク・ヤノフスキ Marek Janowski

ブルックナー:交響曲第3番(スイス・ロマンド管/ヤノフスキ)

BRUCKNER, A.: Symphony No. 3 (Swiss Romande Orchestra, M. Janowski)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/PTC5186449

全トラック選択/解除

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
交響曲第3番 ニ短調 WAB 103 (1889年稿・ノヴァーク版)

Symphony No. 3 in D Minor, WAB 103 (1889 version, ed. L. Nowak)

録音: October 2011, Victoria Hall, Geneva, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2301143
**:**
»  I. Massig bewegt
1.

-

**:**
»  II. Adagio. Bewegt, quasi andante
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Ziemlich schnell
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2012/10/02
ブルックナーの初期ながら陰影がありスリリングで壮大な第3番交響曲は、それでも劇的というよりは情景変化のようないかにも彼の作品らしい展開がユニークだと思います。渋めの伝統のオーケストラ・サウンドを立体的にくっきり鳴らして(特に金管楽器を塊でがならせず、響き合いつつも一つ一つが丁寧に朗々と鳴っているのが新鮮で魅力的)、オーソドックスかつ湧きあがるような新鮮な演奏に仕上げたこの素晴らしい演奏を聴いて、作品の魅力を再認識させられました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。