ホーム > アルバム > Phasma016 バルタス:バレエ音楽集 - パノリア/モノローグ(ケルケゾス/ヤナーチェク・フィル/バルタス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
Phasma016
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
バレエ
作曲家
アルキス・バルタス Alkis Baltas
アーティスト
セオドア・ケルケゾス Theodore Kerkezos , アルキス・バルタス Alkis Baltas , ヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団 Janáček Philharmonic Orchestra

バルタス:バレエ音楽集 - パノリア/モノローグ(ケルケゾス/ヤナーチェク・フィル/バルタス)

BALTAS, A.: Panoria / Monologue [Ballets] (Kerzezos, Janáček Philharmonic, Baltas)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/Phasma016

全トラック選択/解除

アルキス・バルタス - Alkis Baltas (1948-)

**:**
バレエ音楽に「パノリア」

Panoria

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7756035
**:**
»  Introduction and Dance of Amazons
1.

-

**:**
»  Dance of Cupid and Dance of Gyparis and Alexis
2.

-

**:**
»  Entry of Frosynin and Comic Dance of Men
3.

-

**:**
»  Intermezzo
4.

-

**:**
»  Dance of Couples
5.

-

**:**
»  Sad Frosyni and Dance of Men
6.

-

**:**
»  Pas de Quatre
7.

-

**:**
»  Cretan Dance
8.

-

**:**
»  Dance of Gyparis and Alexis
9.

-

**:**
»  Dance of Cupid
10.

-

**:**
»  Dance of Panoria
11.

-

**:**
»  Panoria - Gyparis and Alexis - Athousa
12.

-

 
**:**
バレエ音楽「モノローグ」
13.

Monologue

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7797327
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/02/01
【ギリシャを代表する作曲家の一人、バルタスによるバレエ音楽】ギリシャの現代音楽を代表する一人バルタスが、2002-3年に作曲したバレエ音楽『パノリア』。物語はクレタ島のルネサンスの作家ゲオルギオス・コルタトシス(1550?1610)によるもので、2人の高慢な女性戦士がクレタ島のイディ山で狩りを行っていた時、2人の若者の求愛を受け拒絶しますが、最後にはアフロディーテ神の差し金で深い愛にはまってしまうという内容。音楽は現代的ながら極端な前衛ではなく、バレエ音楽らしく色彩豊かなリズムとオーケストレーションが楽しめます。カップリングは2009年に作曲されたサクソフォン協奏曲で、この作品を献呈されたギリシャを代表するサクソフォン奏者、セオドア・ケルケゾスがソリストを務めています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。