ホーム > アルバム > Phoenix145 プフィッツナー:カンタータ「ドイツの精神」(シュトゥッツマン/ベルリン・ドイツ響/メッツマッハー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
Phoenix145
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
ハンス・プフィッツナー Hans Pfitzner
作詞家
ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ Joseph von Eichendorff
アーティスト
クリストファー・ヴェントリス Christopher Ventris , ソルヴェイグ・クリンゲルボーン Solveig Kringelborn , ナタリー・シュトゥッツマン Nathalie Stutzmann , ベルリン・ドイツ交響楽団 Deutsches Symphonie-Orchester Berlin , ベルリン放送合唱団 Berlin Radio Choir , ロベルト・ホル Robert Holl , インゴ・メッツマッハー Ingo Metzmacher

プフィッツナー:カンタータ「ドイツの精神」(シュトゥッツマン/ベルリン・ドイツ響/メッツマッハー)

PFITZNER, H.: Von deutscher Seele [Cantata] (Metzmacher)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/Phoenix145

全トラック選択/解除

Disc 1

ハンス・プフィッツナー - Hans Pfitzner (1869-1949)

**:**
カンタータ「ドイツの精神」 Op. 28

Von deutscher Seele, Op. 28

録音: 2-5 October 2007, Grosser Saal, Philharmonie, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/262326
**:**
»  Part I: Es geht wohl anders als du meinst
1.

-

**:**
»  Part I: Tod als Positillon
2.

-

**:**
»  Part I: Was willst auf dieser Station
3.

-

**:**
»  Part I: Herz, in deinen sonnenhellen Tagen
4.

-

**:**
»  Part I: Der Sturm geht lärmend um das Haus
5.

-

**:**
»  Part I: Abend
6.

-

**:**
»  Part I: Nacht
7.

-

**:**
»  Part I: Die Lerche grüßt den ersten Strahl
8.

-

**:**
»  Part I: Wenn der Hahn kräht auf dem Dache
9.

-

**:**
»  Part I: Ewig muntres Spiel der Wogen
10.

-

**:**
»  Part I: Der Wandrer von der Heimat weit
11.

-

**:**
»  Part I: Nachtgruss: Weil jetzo alles stille ist
12.

-

Disc 2

ハンス・プフィッツナー - Hans Pfitzner (1869-1949)

**:**
カンタータ「ドイツの精神」 Op. 28

Von deutscher Seele, Op. 28

録音: 2-5 October 2007, Grosser Saal, Philharmonie, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/262326
**:**
»  Part II: Instrumentalvorspiel
1.

-

**:**
»  Part II: Wir wandern nun schon viel hundert Jahr
2.

-

**:**
»  Part III: Was ich wollte, liegt zerschlagen
3.

-

**:**
»  Part II: Ergebung
4.

-

**:**
»  Part II: Der jagt dahin, dass die Rosse schnaufen
5.

-

**:**
»  Part II: Gleichwie auf dunklem Grunde
6.

-

**:**
»  Part II: Der alte Garten: Kaiserkron' und Päonien rot
7.

-

**:**
»  Part II: Spruch: Von allen guten Schwingen
8.

-

**:**
»  Part II: Die Nonne und der Ritter: Da die Welt zur Ruh' gegangen
9.

-

**:**
»  Part II: Intermezzo: Wohl vor lauter Singen
10.

-

**:**
»  Part II: Der Friedensbote: Schlaf ein, mein Liebchen
11.

-

**:**
»  Part II: Schlussgesang: Wenn die Wogen unten toben
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
10月3日の東西ドイツ統一の日。2007年のこの日のためにベルリン・フィルハーモニーのホールとメッツマッヒャーの用意したプログラムがこのカンタータ「ドイツの精神」でした。観衆の興奮、熱狂の度合いは尋常ではなく、賛否両論があったにせよ、居合わせた全ての人がドイツの歴史について思いを馳せたのです。メッツマッハーは最良の歌手たちを揃え、この大作を極めて詩的に演奏。曲としての価値を認めさせるに充分の説得力を備えたものとして語り継がれることでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。