ホーム > アルバム > Phoenix190 ダッラーバコ:弦楽のための協奏曲集 - Op. 2, 6 (カペラ・コロニエンシス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
Phoenix190
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
エヴァリスト・フェリーチェ・ダッラーバコ Evaristo Felice Dall'Abaco
アーティスト
ギュンター・ウィッチ Günther Wich , カペラ・コロニエンシス Cappella Coloniensis , ハンス=マルティン・シュナイト Hanns-Martin Schneidt , ジェルジ・フィッシャー György Fischer , ヴィルフリード・ベッチャー Wilfried Boettcher

ダッラーバコ:弦楽のための協奏曲集 - Op. 2, 6 (カペラ・コロニエンシス)

DALL'ABACO, E.F.: Concerti for Strings - Opp. 2, 6 (Cappella Coloniensis)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/Phoenix190

全トラック選択/解除

エヴァリスト・フェリーチェ・ダッラーバコ - Evaristo Felice Dall'Abaco (1675-1742)

**:**
4声の合唱聖歌コンチェルト ロ短調 Op. 2 No. 8

Concerti a 4 da chiesa in B Minor, Op. 2, No. 8

録音: 8 July 1977, Oetkerhalle, Bielefield, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355162
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Largo
2.

-

**:**
»  III. Presto
3.

-

 
**:**
4声の合唱聖歌コンチェルト ト短調 Op. 2 No. 5

Concerti a 4 da chiesa in G Minor, Op. 2, No. 5

録音: 21 February 1975, Oetkerhalle, Bielefield, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355163
**:**
»  I. Largo
4.

-

**:**
»  II. Allegro e spiritoso
5.

-

**:**
»  III. Grave
6.

-

**:**
»  IV. Allegro
7.

-

 
**:**
4声の合唱聖歌コンチェルト ニ長調 Op. 2 No. 6

Concerti a 4 da chiesa in D Major, Op. 2, No. 6

録音: 27 April 1969, Oetkerhalle, Bielefield, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355164
**:**
»  I. Allegro assai
8.

-

**:**
»  II. Adagio
9.

-

**:**
»  III. Allegro e spirito assai
10.

-

 
**:**
4声の合唱聖歌コンチェルト 変ロ長調 Op. 2 No. 9

Concerti a 4 da chiesa in B-Flat Major, Op. 2, No. 9

録音: 8 July 1977, Oetkerhalle, Bielefield, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355165
**:**
»  I. Largo andante
11.

-

**:**
»  II. Allegro e spiccato
12.

-

**:**
»  III. Largo
13.

-

**:**
»  IV. Allegro e spiccato
14.

-

 
**:**
複数楽器のための協奏曲 ヘ長調 Op. 6 No. 3

Concerti a più istrumenti in F Major, Op. 6, No. 3

録音: 2 April 1975, Oetkerhalle, Bielefield, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355166
**:**
»  I. Allegro
15.

-

**:**
»  II. Largo sempre piano
16.

-

**:**
»  III. Allegro e spirito
17.

-

 
**:**
4声の合唱聖歌コンチェルト ホ長調 Op. 2 No. 10

Concerti a 4 da chiesa in E Major, Op. 2, No. 10

録音: 27 April 1969, Oetkerhalle, Bielefield, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355167
**:**
»  I. Allegro assai
18.

-

**:**
»  II. Largo
19.

-

**:**
»  III. Presto
20.

-

 
**:**
複数楽器のための協奏曲 ホ長調 Op. 6 No. 2

Concerti a più istrumenti in E Major, Op. 6, No. 2

録音: 17 April 1972, Oetkerhalle, Bielefield, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355168
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
21.

-

**:**
»  II. Aria cantabile
22.

-

**:**
»  III. Allegro assai
23.

-

 
**:**
複数楽器のための協奏曲 ヘ長調 Op. 6 No. 6

Concerti a più istrumenti in F Major, Op. 6, No. 6

録音: 9 July 1978, Oetkerhalle, Bielefield, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/355169
**:**
»  I. Allegro
24.

-

**:**
»  II. Adagio
25.

-

**:**
»  III. Allegro ma non troppo
26.

-

**:**
»  IV. Allegro assai
27.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2010/08/20
エヴァリスト・ダッラーバコの弦楽のための協奏曲のご紹介です。1675年北イタリアのヴェロナ生まれの作曲家でヴァイオリン奏者。29才でバイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルの宮廷楽団のヴァイオリン奏者に。作風はイタリア・バロック風の華麗さにフランス風の優雅さが加わったもので、同時代のバッハやヴィヴァルディとは叉一味違った趣を備えています。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/12/01
エヴァリスト・フェリーチェ・ダッラーバコ(1675-1742)はヴェローナに生まれ、ミュンヘンに没した後期バロック音楽の作曲家・ヴァイオリニストです。トレッリに学び、1704年にチェロ奏者としてミュンヘン宮廷の室内楽団に参加しました。初期の作品はイタリアの様式に基づいているのですが、後にフランスのギャラント様式を取り入れたものへと変化しています。彼の生涯も波乱にとんだもので、スペインの継承戦争のために主君マクシミリアン2世が亡命、楽団員も同行したり(彼の息子は亡命地ブリュッセルで誕生しています)、1726年主君が交代してからは、彼の影響力が低下したり、と周囲に振りまわされることも多かったようです。とは言え、彼の音楽はとても明るく、常に優美です。簡潔であり、バロックから古典派への橋渡しとしての重要な一端を担っていることは間違いありません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。