ホーム > アルバム > RAM1802 フィンガー:ファンタジア集/ソナタ集/悲嘆の花嫁(ティックル=フィドル・ジェントルマン・ハーモニウス・ソサエティ/ローソン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
RAM1802
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 声楽曲, 室内楽
作曲家
ゴットフリート・フィンガー Gottfried Finger
作詞家
不詳 Anonymous , ピーター・アンソニー・モットゥー Peter Anthony Motteux
アーティスト
ティックル=フィドル・ジェントルマン・ハーモニウス・ソサエティ Harmonious Society of Tickle-Fiddle Gentlemen , ロバート・ローソン Robert Rawson

フィンガー:ファンタジア集/ソナタ集/悲嘆の花嫁(ティックル=フィドル・ジェントルマン・ハーモニウス・ソサエティ/ローソン)

FINGER, G.: Fantasia / Sonatas / The Mourning Bride (Music for European Courts and Concerts) (Harmonious Society of Tickle-Fiddle Gentlemen, Rawson)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/RAM1802

全トラック選択/解除

ゴットフリート・フィンガー - Gottfried Finger (1660-1730)

**:**
ヴィーナスとマルスの恋 - Come all, with moving songs prepare
1.

The Loves of Mars and Venus: Come all, with moving songs prepare

録音: July 2018, St. Mary the Virgin, Bishopsbourne, Kent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7453487
 
**:**
ソナタ ハ長調
2.

Sonata in C Major

録音: July 2018, St. Mary the Virgin, Bishopsbourne, Kent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7453488
 
**:**
5声のソナタ 変ロ長調

Sonata a 5 in B-Flat Major

録音: July 2018, St. Mary the Virgin, Bishopsbourne, Kent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7453489
**:**
»  I. Grave
3.

-

**:**
»  II. Presto
4.

-

**:**
»  III. Adagio
5.

-

**:**
»  IV. Allegro
6.

-

 
**:**
4声のシャコンヌ ト長調
7.

Chaconne a 4 in G Major

録音: July 2018, St. Mary the Virgin, Bishopsbourne, Kent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7453490
 
**:**
悲嘆の花嫁

The Mourning Bride

録音: July 2018, St. Mary the Virgin, Bishopsbourne, Kent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7453491
**:**
»  I. Overture
8.

-

**:**
»  II. Air
9.

-

**:**
»  III. Gavotte
10.

-

**:**
»  IV. Air
11.

-

 
**:**
トランペット・ソナタ ハ長調
12.

Trumpet Sonata in C Major

録音: July 2018, St. Mary the Virgin, Bishopsbourne, Kent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7453492
 
**:**
5声のシャコンヌ ト長調
13.

Chaconne a 5 in G Major

録音: July 2018, St. Mary the Virgin, Bishopsbourne, Kent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7453493
 
**:**
オーボエ協奏曲 ヘ長調

Oboe Concerto in F Major

録音: July 2018, St. Mary the Virgin, Bishopsbourne, Kent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7453494
**:**
»  I. Allegro
14.

-

**:**
»  II. March
15.

-

**:**
»  III. Aria: Adagio
16.

-

**:**
»  IV. Aria: Allegro
17.

-

 
**:**
ファンタジア ト短調

Fantasia in G Minor

録音: July 2018, St. Mary the Virgin, Bishopsbourne, Kent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7453495
**:**
»  I. Allegro
18.

-

**:**
»  II. Adagio
19.

-

**:**
»  III. Passepied: Allegro
20.

-

**:**
»  IV. Largo
21.

-

**:**
»  V. Adagio
22.

-

**:**
»  VI. Allegro
23.

-

**:**
»  VII. Aria: Menuet grave
24.

-

 
**:**
6声のソナタ ニ長調
25.

Sonata a 6 in D Major

録音: July 2018, St. Mary the Virgin, Bishopsbourne, Kent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7453496
 
**:**
9声のソナタ ト短調
26.

Sonata a 9 in G Minor

録音: July 2018, St. Mary the Virgin, Bishopsbourne, Kent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7453497
 
**:**
アレクサンドロス大王の死 - Morpheus, gentle god
27.

The Death of Alexander the Great: Morpheus, gentle god

録音: July 2018, St. Mary the Virgin, Bishopsbourne, Kent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7453498
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/10/01
【美麗!バロック全盛期多国籍に活躍したフィンガーの多彩な作品集】モラヴィア(現チェコ東部)のオロモウツに生まれたフィンガーは、当地で学び17世紀中はロンドンで活躍、18世紀に入ってドイツに渡り、ベルリン、インスブルックなどの楽長を歴任した後、マンハイムで亡くなりました。ビーバー、パーセル、テレマン、ヴァイスほか当時の大作曲家たちと交流を持ち、当時最先端とされたイタリアの音楽を基本としながらも、イギリス、ドイツ、フランスまでの幅広い地域の音楽的特性を自らの作風に取り込み、まさに汎ヨーロッパ的と言える色彩豊かな作品を多数残しました。ここに収められた12の作品の多くが世界初録音となります。イギリスでの最後の数年に書かれた英語による声楽作品で前後を挟み、彼の華やかな作風を様々な編成で楽しむことが出来ます。ザ・ハーモニアス・ソサエティ・オブ・ティクル=フィドル・ジェントルメンは、17世紀から18世紀にロンドンの大衆に親しまれながら、今は忘れられてしまった作品を再評価することを目的に、2006年にロンドンで結成されたピリオド楽器による合奏団。この長い名前は、英国の風刺的詩人ネッド・ウォード(1667-1731)が、ロンドンで大衆のために初めて演奏会を開いた音楽家を描写した言葉から取っています。これまでRameeレーベルからヨハン・クリストフ・ペプシュの作品集2枚(RAM1109、RAM1502)、Chandosレーベルからヨゼフ・アントニーン・グレツキーの協奏曲集をリリースしており、有名作曲家の陰に隠れた名作を水際立った演奏で魅力的に紹介して高い評価を得ています。このアルバムでもその本領を発揮し、煌びやかな演奏を聴かせてくれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。