ホーム > アルバム > RAM1907 ダストルガとラッリ~カンタータとソナタ~18世紀イタリアの作曲家と詩人のまわりで(レザッバリアーティ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
RAM1907
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi , アレッサンドロ・スカルラッティ Alessandro Scarlatti , バロン・エマヌエーレ・ダストルガ Emanuele d' Astorga , ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル George Frideric Handel , ジョヴァンニ・ボノンチーニ Giovanni Bononcini
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
レザッバリアーティ Abbagliati, Les

ダストルガとラッリ~カンタータとソナタ~18世紀イタリアの作曲家と詩人のまわりで(レザッバリアーティ)

Cantatas and Sonatas - ASTORGA, E. d' / BONONCINI, G. / HANDEL, G.F. / SCARLATTI, A. (Les Abbagliati)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/RAM1907

全トラック選択/解除

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

**:**
4声の協奏曲 ニ短調

Concerto a 4 in D Minor (attrib. G.F. Telemann)

録音: 2–5 July 2019, Notre-Dame de l’Assomption, Basse-Bodeux, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8238417
**:**
»  I. Adagio
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Largo
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

ジョヴァンニ・ボノンチーニ - Giovanni Bononcini (1670-1747)

**:**
この胸の奥に感じるのは

Sento dentro del petto

録音: 2–5 July 2019, Notre-Dame de l’Assomption, Basse-Bodeux, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8240935
**:**
»  Recitative: Sento dentro del petto
5.

-

**:**
»  Aria: Dolce amor che sei mia vita
6.

-

**:**
»  Recitative: O tu fido ben mio Filli
7.

-

**:**
»  Aria: Non mi lasciate cari favori
8.

-

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

**:**
トリオ・ソナタ ニ短調 HWV 381

Trio Sonata in B Minor, Op. 2, No. 1, HWV 386b

録音: 2-5 July 2019, Notre-Dame de l’Assomption, Basse-Bodeux, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8240936
**:**
»  I. Andante
9.

-

**:**
»  II. Allegro ma non troppo
10.

-

**:**
»  III. Largo
11.

-

**:**
»  IV. Allegro
12.

-

バロン・エマヌエーレ・ダストルガ - Emanuele d' Astorga (1680-1757)

**:**
おまえは何の役に立つのか、残酷な恋神よ

Che ti giova, amor crudele

録音: 2–5 July 2019, Notre-Dame de l’Assomption, Basse-Bodeux, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8240937
**:**
»  Aria: Che ti giova amor crudele
13.

-

**:**
»  Recitative: Mà che penso
14.

-

**:**
»  Aria: Se il valore del'amore
15.

-

**:**
»  Recitative: Guerra sdegnato amor
16.

-

**:**
»  Aria: Guerra guerra ardito amore
17.

-

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
チェロ・ソナタ 変ロ長調 Op. 14, No. 6, RV 46 - 第1楽章 前奏曲(ラルゴ)
18.

Cello Sonata in B-Flat Major, Op. 14, No. 6, RV 46: I. Preludio: Largo

録音: 2–5 July 2019, Notre-Dame de l’Assomption, Basse-Bodeux, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8240938
 
**:**
チェロ・ソナタ 変ロ長調 Op. 14, No. 1, RV 47 - 第2楽章 アルマンダ(アレグロ)
19.

Cello Sonata in B-Flat Major, Op. 14, No. 1, RV 47: II. Allemanda: Allegro

録音: 2–5 July 2019, Notre-Dame de l’Assomption, Basse-Bodeux, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8240939

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ ト短調 Op. 1 No. 6, HWV 364a (抜粋)

Violin Sonata in G Minor, Op. 1, No. 3, HWV 364a (excerpts)

録音: 2–5 July 2019, Notre-Dame de l’Assomption, Basse-Bodeux, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8240940
**:**
»  I. Andante larghetto
20.

-

**:**
»  II. Allegro
21.

-

アレッサンドロ・スカルラッティ - Alessandro Scarlatti (1660-1725)

**:**
チェロ・ソナタ第1番 ニ短調 - 第1楽章 ラルゴ
22.

Cello Sonata No. 1 in D Minor: I. Largo

録音: 2–5 July 2019, Notre-Dame de l’Assomption, Basse-Bodeux, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8240941

バロン・エマヌエーレ・ダストルガ - Emanuele d' Astorga (1680-1757)

**:**
ただ遠く離れているばかりか

Non è sol la lontananza

録音: 2–5 July 2019, Notre-Dame de l’Assomption, Basse-Bodeux, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8240942
**:**
»  Aria: Non è sol la lontananza
23.

-

**:**
»  Recitative: Temo bell idol mio
24.

-

**:**
»  Aria: Per toglier mi d'aff anno tiranno del mio cor
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/08/01
【18世紀イタリア音楽の盛況を、古楽先進国ベルギーの名手たちが振り返る】アニマ・エテルナ・ブリュッヘやレザグレマンなどのメンバーとして多忙な日々を送るベルギーの俊才古楽器奏者たちが、歌手スートキン・エルベルスを迎えて打ち出したプログラムは、バロック盛期の1731年ににイタリアのマントヴァで行われた音楽会の内容を仮想的にたどった選曲。歌手雇用のためイタリアを訪れていたヘンデルが、かの地のすぐれた音楽家たちの傑作のかたわら自作を発表する……という流れで、シチリア生まれで英国でも活躍した作曲家ダストルガが親友の詩人ラッリの詩に曲をつけた2曲のカンタータが、目玉作品として収録されています。わざわざヘンデルの傑作と並べて紹介しようというだけはある充実の音楽が続き、それを起伏に富んだ演奏で堪能できる喜びは、美しいジャケットとあいまってRAMEEならではの格別の古楽体験といえるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。