ホーム > アルバム > RAM1908 J.S. バッハ:フルート・ソナタ集 BWV 817, 1013, 1027, 1030b, 1034 (トゥンス/キュイエ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
RAM1908
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
ベルトラン・キュイエ Bertrand Cuiller , フランク・トゥンス Frank Theuns

J.S. バッハ:フルート・ソナタ集 BWV 817, 1013, 1027, 1030b, 1034 (トゥンス/キュイエ)

BACH, J.S.: Flute Sonatas, BWV 817, 1013, 1027, 1030b, 1034 (Theuns, Cuiller)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/RAM1908

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
フルート・ソナタ ホ短調 BWV 1034

Flute Sonata in E Minor, BWV 1034

録音: 3–6 February 2020, Saint-Apollinaire's Church, Bolland, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8490271
**:**
»  I. Adagio ma non tanto
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Andante
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

 
**:**
無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV 1013

Flute Partita in A Minor, BWV 1013

録音: 3–6 February 2020, Saint-Apollinaire's Church, Bolland, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8494141
**:**
»  I. Allemande
5.

-

**:**
»  II. Corrente
6.

-

**:**
»  III. Sarabande
7.

-

**:**
»  IV. Bourée anglaise
8.

-

 
**:**
ヴィオラ・ダ・ガンバ ソナタ ト長調 BWV 1027 (フルートとチェンバロ編)

Viola da Gamba Sonata in G Major, BWV 1027 (arr. for flute and harpsichord)

録音: 3–6 February 2020, Saint-Apollinaire's Church, Bolland, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8494142
**:**
»  I. Adagio
9.

-

**:**
»  II. Allegro ma non tanto
10.

-

**:**
»  III. Andante
11.

-

**:**
»  IV. Allegro moderato
12.

-

 
**:**
フランス組曲第6番 ホ長調 BWV 817 - 第1曲 アルマンド(フルートとチェンバロ編)
13.

French Suite No. 6 in E Major, BWV 817: I. Allemande (arr. for flute and harpsichord)

録音: 3–6 February 2020, Saint-Apollinaire's Church, Bolland, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8494143
 
**:**
オーボエ・ソナタ ト短調 BWV 1030b (フルートとチェンバロ編)

Oboe Sonata in G Minor, BWV 1030b (arr. for flute and harpsichord)

録音: 3–6 February 2020, Saint-Apollinaire's Church, Bolland, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8494144
**:**
»  I. —
14.

-

**:**
»  II. Siciliana
15.

-

**:**
»  III. Presto
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/01/01
【古楽大国ベルギーの数々の名門楽団を支えた大ヴェテラン、入念選曲の充実バッハ】フランク・テュンスといえば、古典派からフランス近代まで幅広いレパートリーを古楽器で演奏し続けてきたインマゼール率いるアニマ・エテルナで、あるいは師バルトルド・クイケンも加わっていたラ・プティット・バンドで、横笛セクションを任されてきた大ヴェテラン。ACCENTレーベルへのソロ録音でも知られ、使用楽器と奏法を徹底的に考え抜く古楽器奏者たちの鑑といってもいいような、フルート音楽史の真正面から向き合ってきたアルバムの数々は高い評価を博してきました。ベルギーの古楽シーンから最も注目すべき響きを見逃さず収めてきたRAMEEレーベルで初めての録音盤となる今回は、音楽祭で有名な古都ナントの古楽器奏者一家出身の名手ベルトラン・キュイエとのタッグとなっています。キュイエはALPHAレーベルに録音してきた数々のソロ・アルバムで世界的に知られるようになった新世代の才人。両者とも使用楽器はバッハ自身に直接関わりがあったことで知られる地域の当時の楽器をモデルとするもので、フランス流儀の低いピッチが必然性をもって響く独特の説得力あふれる演奏は聴きどころがたっぷり!ヴィオラ・ダ・ガンバのために書かれた版とトリオ版が知られるソナタト長調を、バッハの他の作品で見られるような二人編成で弾いているのもポイントですが、『フランス組曲』からの無伴奏フルート編曲版や、バッハの最も有名なフルート作品のひとつBWV1030のソナタでチェンバロ・パートのみ現存するト短調の異版(汎用版はロ短調)を使うなど、選曲にも強いこだわりが感じられる充実企画に仕上がっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。