ホーム > アルバム > RAM1911 どこへ彷徨い出るべきか~ガンバ三重奏による鍵盤作品集(チェッリーニ・コンソート)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
RAM1911
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
編曲者
トーレ・エケトープ Tore Eketorp , トーマス・ゲッチェル Thomas Goetschel , ブライアン・フランクリン Brian Franklin
アーティスト
チェッリーニ・コンソート Cellini Consort

どこへ彷徨い出るべきか~ガンバ三重奏による鍵盤作品集(チェッリーニ・コンソート)

BACH, J.S.: Viol Trio Music - Wo soll ich fliehen hin / French Suite No. 5 / Ach Gott und Herr (Cellini Consort)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/RAM1911

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
フランス組曲第5番 ト長調 BWV 816 (T. エケトープ、B. フランクリン、T. ゲッチェルによるヴィオラ・ダ・ガンバ三重奏編)

French Suite No. 5 in G Major, BWV 816 (arr. T. Eketorp, B. Franklin and T. Goetschel for viol trio)

録音: 26-29 October 2017, SRF Radiostudio, Zurich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7261069
**:**
»  I. Allemande
1.

-

**:**
»  II. Courante
2.

-

**:**
»  III. Sarabande
3.

-

**:**
»  IV. Gavotte
4.

-

**:**
»  V. Gigue
5.

-

 
**:**
幻想曲とフーガ ニ短調 BWV 905 (T. エケトープ、B. フランクリン、T. ゲッチェルによるヴィオラ・ダ・ガンバ三重奏編)

Fantasia and Fugue in D Minor, BWV 905 (arr. T. Eketorp, B. Franklin and T. Goetschel for viol trio)

録音: 26-29 October 2017, SRF Radiostudio, Zurich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7261088
**:**
»  Andante
6.

-

**:**
»  Fuga
7.

-

 
**:**
6つのシュープラー・コラール BWV 645-650 - 汝イエスよ、今天より降りたもうや BWV 650 (T. エケトープ、B. フランクリン、T. ゲッチェルによるヴィオラ・ダ・ガンバ三重奏編)
8.

6 Schübler Chorales, BWV 645-650: Kommst du nun, Jesu, vom Himmel herunter, BWV 650 (arr. T. Eketorp, B. Franklin and T. Goetschel for viol trio)

録音: 26-29 October 2017, SRF Radiostudio, Zurich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7261089
 
**:**
ああ神よそして主よ BWV 692 (T. エケトープ、B. フランクリン、T. ゲッチェルによるヴィオラ・ダ・ガンバ三重奏編)
9.

Ach Gott und Herr, BWV 692 (arr. T. Eketorp, B. Franklin and T. Goetschel for viol trio)

録音: 26-29 October 2017, SRF Radiostudio, Zurich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7261090
 
**:**
イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV 971 (T. エケトープ、B. フランクリン、T. ゲッチェルによるヴィオラ・ダ・ガンバ三重奏編)

Concerto in the Italian Style in F Major, BWV 971, "Italian Concerto" (arr. T. Eketorp, B. Franklin and T. Goetschel for viol trio)

録音: 26-29 October 2017, SRF Radiostudio, Zurich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7261091
**:**
»  I. Allegro assai
10.

-

**:**
»  II. Andante
11.

-

**:**
»  III. Presto
12.

-

 
**:**
いざ来ませ、異邦人の救い主よ BWV 660 (T. エケトープ、B. フランクリン、T. ゲッチェルによるヴィオラ・ダ・ガンバ三重奏編)
13.

Trio super Nun komm, der Heiden Heiland, BWV 660 (arr. T. Eketorp, B. Franklin and T. Goetschel for viol trio)

録音: 26-29 October 2017, SRF Radiostudio, Zurich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7261092
 
**:**
6つのシュープラー・コラール BWV 645-650 - われいずこに逃れ行かん BWV 646 (T. エケトープ、B. フランクリン、T. ゲッチェルによるヴィオラ・ダ・ガンバ三重奏編)
14.

6 Schübler Chorales, BWV 645-650: Wo soll ich fliehen hin, BWV 646 (arr. T. Eketorp, B. Franklin and T. Goetschel for viol trio)

録音: 26-29 October 2017, SRF Radiostudio, Zurich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7261093
 
**:**
ヴィオラ・ダ・ガンバ ソナタ ニ長調 BWV 1028 (T. エケトープ、B. フランクリン、T. ゲッチェルによるヴィオラ・ダ・ガンバ三重奏編)

Viola da Gamba Sonata in D Major, BWV 1028 (arr. T. Eketorp, B. Franklin and T. Goetschel for viol trio)

録音: 26-29 October 2017, SRF Radiostudio, Zurich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7261094
**:**
»  I. Adagio
15.

-

**:**
»  II. Allegro
16.

-

**:**
»  III. Andante
17.

-

**:**
»  IV. Allegro
18.

-

 
**:**
ただ愛する神の摂理にまかす者 BWV 691 (T. エケトープ、B. フランクリン、T. ゲッチェルによるヴィオラ・ダ・ガンバ三重奏編)
19.

Wer nur den lieben Gott lässt walten, BWV 691 (arr. T. Eketorp, B. Franklin and T. Goetschel for viol trio)

録音: 26-29 October 2017, SRF Radiostudio, Zurich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7261095
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/06/01
【バッハの有名作品を当時の演奏習慣に沿った編曲版で!】ヴィオラ・ダ・ガンバ三重奏でなぜバッハの鍵盤作品を?と思われるかもしれません。しかしこれは、バロック期の通例としては決して不思議ではない解釈でもあります。ヴィオラ・ダ・ガンバはかつて、調和のとれた社交生活を送れる人物であることの証として貴族たちに愛されていました。貴族にふさわしい知的な対位法楽曲にも適しているうえ、人の声に近い美音も好まれ、声楽曲の楽譜をみながら歌い手ぬきでそれを合奏することもあれば、当時は声部別に別々の段に記されることも多かったオルガン独奏曲を合奏曲に見立て、その音の絡みを解き明かしながら演奏するのにもガンバが使われたのです。チューリヒとバーゼルで、名匠サヴァールやパンドルフォらに師事したのち世界的に多忙な活躍をみせている3人の新旧世代ガンバ奏者たちは、そうしたこの楽器の演奏習慣を「いま」に甦らせるがごとく、あえて広く知られたバッハの鍵盤曲を原作にそうした編作を試み、きわめて高い評価を博してきました。徹底した古楽研究の成果としての「ガンバによるバッハ」は、作品本来のみずみずしい魅力に思わぬ角度から光をあてた魅惑の仕上がり!18世紀のオリジナル古楽器を含む銘器の数々から引き出される、素材感あふれる羊腸弦の美音の重なりに酔いしれたい1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。