ホーム > アルバム > RAM2005 J.S. バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバとオルガンのための作品集(バッハ・フォー・トゥー)(リシュカ/カート)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
RAM2005
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
マルニクス・デ・カート Marnix de Cat , ロミーナ・リシュカ Romina Lischka

J.S. バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバとオルガンのための作品集(バッハ・フォー・トゥー)(リシュカ/カート)

BACH, J.S.: Transcriptions and Originals for Viola da Gamba and Organ (Bach for Two) (Lischka, de Cat)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/RAM2005

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
いと高きところにいます神にのみ栄光あれ BWV 711 (ヴィオラ・ダ・ガンバとオルガン編)
1.

Allein Gott in der Hoh sei Ehr, BWV 711 (arr. for viola da gamba and organ)

録音: May 2019, Sankt Katharina Church, Kettenis, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8994625
 
**:**
いと高きところにいます神にのみ栄光あれ BWV 676 (ヴィオラ・ダ・ガンバとオルガン編)
2.

Allein Gott in der Höh sei Ehr, BWV 676 (arr. for viola da gamba and organ)

録音: May 2019, Sankt Katharina Church, Kettenis, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8994643
 
**:**
ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ ト長調 BWV 1027

Viola da Gamba Sonata in G Major, BWV 1027

録音: May 2019, Sankt Katharina Church, Kettenis, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8994644
**:**
»  I. Adagio
3.

-

**:**
»  II. Allegro ma non tanto
4.

-

**:**
»  III. Andante
5.

-

**:**
»  IV. Allegro moderato
6.

-

 
**:**
われいずこに逃れ行かん BWV 694
7.

Wo soll ich fliehen hin, BWV 694

録音: May 2019, Sankt Katharina Church, Kettenis, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8994645
 
**:**
さまざまな手法による18のライプツィヒ・コラール BWV 651-668 - いと高きところにいます神にのみ栄光あれ BWV 662 (ヴィオラ・ダ・ガンバとオルガン編)
8.

18 Chorales, BWV 651-668, "Leipziger Choräle": Allein Gott in der Hoh sei Ehr, BWV 662 (arr. for viola da gamba and organ)

録音: May 2019, Sankt Katharina Church, Kettenis, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8994646
 
**:**
トリオ・ソナタ第5番 ハ長調 BWV 529 (ヴィオラ・ダ・ガンバとオルガン編)

Trio Sonata No. 5 in C Major, BWV 529 (arr. for viola da gamba and organ)

録音: May 2019, Sankt Katharina Church, Kettenis, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8994647
**:**
»  I. Allegro
9.

-

**:**
»  II. Largo
10.

-

**:**
»  III. Allegro
11.

-

 
**:**
さまざまな手法による18のライプツィヒ・コラール BWV 651-668 - いと高きところにいます神にのみ栄光あれ BWV 663 (ヴィオラ・ダ・ガンバとオルガン編)
12.

18 Chorales, BWV 651-668, "Leipziger Choräle": n Gott in der Hoh sei Ehr, BWV 663 (arr. for viola da gamba and organ)

録音: May 2019, Sankt Katharina Church, Kettenis, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8994648
 
**:**
天にいますわれらの父よ BWV 682 (ヴィオラ・ダ・ガンバとオルガン編)
13.

Vater unser im Himmelreich, BWV 682 (arr. for viola da gamba and organ)

録音: May 2019, Sankt Katharina Church, Kettenis, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8994649
 
**:**
トリオ・ソナタ第4番 ホ短調 BWV 528 (ヴィオラ・ダ・ガンバとオルガン編)

Trio Sonata No. 4 in E Minor, BWV 528 (arr. for viola da gamba and organ)

録音: May 2019, Sankt Katharina Church, Kettenis, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8994650
**:**
»  I. Adagio - Vivace
14.

-

**:**
»  II. Andante
15.

-

**:**
»  III. Un poco allegro
16.

-

 
**:**
オルガン小曲集 BWV 599-644 - われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ BWV 639 (ヴィオラ・ダ・ガンバとオルガン編)
17.

Das Orgelbüchlein, BWV 599-644: Ich ruf zu dir, Herr Jesu Christ, BWV 639 (arr. for viola da gamba and organ)

録音: May 2019, Sankt Katharina Church, Kettenis, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8994651
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/09/01
【名手ロミーナ・リシュカとマルニクス・デ・カットが描き出す、バッハの多面的な魅力】ハトホル・コンソートを率いてルネサンスやバロックに止まらず、近年は現代、クロスオーバーにまで進出して目覚ましい活躍を見せるヴィオラ・ダ・ガンバの新世代の旗手ロミーナ・リシュカ。カウンターテナーそして指揮者としても活躍し、自ら主宰するプルート・アンサンブルのほかジェズアルド・コンソートなどの活動を通じ、やはり古楽から現代までをレパートリーとするベルギーのオルガン奏者マルニクス・デ・カット。この共演盤の企画は、二人がガンバとポジティフ・オルガンで演奏したバッハのソナタBWV 1027終楽章が、デ・カットが学生の頃練習したオルガン独奏のためのトリオ(BWV 1027a)の1声部をガンバに置き換えたものであったことから派生して生まれました。そのバッハ自身の編曲例に倣い、オルガンのためのコラールとトリオ・ソナタから1つの声部をガンバに置き換えて演奏することで、これらの多声的な面白さをさらに引き出そうという試みは、見事な効果を上げています。ガンバもバスのほか高音と中音の楽器が作品によって使い分けられ、担当する声部に変化を持たせることで、より多彩な魅力を引き出しました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。