ホーム > アルバム > RIC388 ペルディゴン/チコーニア/デュファイ:声楽、器楽と室内楽作品集(ル・ミロワール・ド・ムジケ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
RIC388
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル, 器楽曲, 声楽曲, 室内楽
作曲家
ヨハンネス・チコーニア Johannes Ciconia , ギヨーム・デュファイ Guillaume Dufay , 不詳 Anonymous , ペルディゴン Perdigon,
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
ル・ミロワール・ド・ムジケ Miroir de Musique, Le

ペルディゴン/チコーニア/デュファイ:声楽、器楽と室内楽作品集(ル・ミロワール・ド・ムジケ)

Vocal, Instrumental and Chamber Music - PERDIGON / CICONIA, J. / DUFAY, G. (In seculum viellatoris) (Le Miroir de Musique)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/RIC388

全トラック選択/解除

不詳 - Anonymous

**:**
Ar ne kuthe ich sorghe non
1.
録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335923

ペルディゴン - Perdigon, (1165-1230)

**:**
Los mals d'amors ai eu ben toz apres
2.
録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335924

不詳 - Anonymous

**:**
Bele ysabelot - Je me cuidoie - Entre Copin et Bourjois
3.
録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335925

ペルディゴン - Perdigon, (1165-1230)

**:**
Tut l'an mi ten amors de tal faisson
4.
録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335926

不詳 - Anonymous

**:**
ラ・ウイティメ・エスタンピー・レアル(フランス、13世紀)
5.

La uitime estampie real [France, 13th century]

録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335927
 
**:**
In seculum viellatoris [13th Century, France]
6.
録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335928
 
**:**
ベーリカ
7.

Belicha

録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335929
 
**:**
Non credo, donna, che la dolçe fiamma
8.
録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335930
 
**:**
ガエッタ
9.

Ghaetta

録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335931
 
**:**
O bella rosa, o perla angelichata [Codice Bologna]
10.
録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335932

ヨハンネス・チコーニア - Johannes Ciconia (1370-1412)

**:**
おお、麗しのバラよ
11.

O rosa bella, o dolce anima mia

録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335933

不詳 - Anonymous

**:**
Tenor La belle se siet au pied de la tour
12.
録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335934

ギヨーム・デュファイ - Guillaume Dufay (1397-1474)

**:**
La belle se siet au pied de la tour
13.
録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335935

不詳 - Anonymous

**:**
Esperance mi fait vivre en doulour
14.
録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335936
 
**:**
J'aime la biaute [14th-15th Century, France]
15.
録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335937
 
**:**
Soyés loyal a vo povoir
16.
録音: May 2017 / June 2017, Notre-Dame de Centeilles Church, Siran, Hérault / Beuggen, Schloßkirche, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6335938
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/06/01
バティスト・ロマンはアンサンブル・ジル・バンショワのみならず、バーゼル・スコラ・カントルムに関係する中世音楽のプロジェクトにも頻繁に参加しているアーティスト。中世の「弓で弾く弦楽器」全般に詳しく、その研究の新たな第一人者と言っても過言ではありません。このアルバムはそうしたロマンの知見の成果の凝縮とも言えるもので、ともすればあいまいに扱われることも多い中世フィドルという楽器を、その起源やヨーロッパ周辺に伝わる伝統楽器との関連も意識しながら解き明かしてゆく...という内容になっています。演奏陣には同じくヨーロッパ中世音楽に関するプロジェクトで多忙な活躍をみせる弓奏弦楽器奏者エリザベス・ラムゼイ(ラムジー)、Ricercarの中世音楽アルバムでは出演機会がとみに多い超絶技巧の打楽器奏者ティアリー・ゴマールら、俊才が続々。アンサンブル・ユニコーンのマルク・レヴォンもリュートで参加しています。またバティスト・ロマン自身も、中世楽器奏者の多くがそうであるように多様な楽器を使いこなし、時には古風なバグパイプまで聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。