ホーム > アルバム > RIC396 スカルラッティ:室内カンタータ集(カシェ/アクテン/スケルツィ・ムジカーリ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
RIC396
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
アレッサンドロ・スカルラッティ Alessandro Scarlatti , ドメニコ・スカルラッティ Domenico Scarlatti
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
ニコラ・アクテン Nicolas Achten , デボラ・カシェ Deborah Cachet , スケルツィ・ムジカーリ Scherzi Musicali

スカルラッティ:室内カンタータ集(カシェ/アクテン/スケルツィ・ムジカーリ)

SCARLATTI, A.: Cantate da Camera (O penosa lontananza) (Cachet, Achten, Scherzi Musicali)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/RIC396

全トラック選択/解除

アレッサンドロ・スカルラッティ - Alessandro Scarlatti (1660-1725)

**:**
Imagini d'orrore

録音: 21-24 January 2018, Provinciaal Museum Begijnhofkerk Sint-Truiden, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6882787
**:**
»  Aria: Immagini d'orrore
1.

-

**:**
»  Recitative: Se dubbioso il mio core
2.

-

**:**
»  Aria: Amo, si ma sempre temo
3.

-

 
**:**
O penosa lontananza

録音: 21-24 January 2018, Provinciaal Museum Begijnhofkerk Sint-Truiden, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6889660
**:**
»  Duet: O penosa lontananza (Soprano, Baritone)
4.

-

**:**
»  Recitative: Se trà voi più soggiorno (Soprano)
5.

-

**:**
»  Aria: Vago augel che si lamenta (Soprano)
6.

-

**:**
»  Recitative: Io, trà queste de' boschi (Baritone)
7.

-

**:**
»  Aria: Rio che fugge (Baritone)
8.

-

**:**
»  Duet: Così, lungi da clori (Baritone, Soprano)
9.

-

**:**
»  Duet: O penosa lontananza (Soprano, Baritone)
10.

-

ドメニコ・スカルラッティ - Domenico Scarlatti (1685-1757)

**:**
Sovra carro stellato

録音: 21-24 January 2018, Provinciaal Museum Begijnhofkerk Sint-Truiden, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6889661
**:**
»  Sinfonia
11.

-

**:**
»  Recitative: Sovra carro stellato
12.

-

**:**
»  Aria: Crudi sassi
13.

-

**:**
»  Recitative: Filli mio ben, oh dio, che fai?
14.

-

**:**
»  Aria: Se il tuo bel che m'innamora
15.

-

**:**
»  Recitative: Ma già spunta l'aurora
16.

-

**:**
»  Aria: Sì, sì, mi parto sì
17.

-

 
**:**
Sotto l'ombra d'un faggio, piangente e sospirante

録音: 21-24 January 2018, Provinciaal Museum Begijnhofkerk Sint-Truiden, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6889662
**:**
»  Recitative: Sotto l'ombra d'un faggio
18.

-

**:**
»  Aria: Filli mia, chi ha il cor piagato
19.

-

**:**
»  Recitative: Che non fè, che non disse
20.

-

**:**
»  Aria: Vieni, oh tirsi, in questo seno
21.

-

 
**:**
Fiero acerbe destin dell'alma mia

録音: 21-24 January 2018, Provinciaal Museum Begijnhofkerk Sint-Truiden, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6889663
**:**
»  Recitative: Fierbo, acerbo destin
22.

-

**:**
»  Aria: Fa men crudo il suo tormento
23.

-

**:**
»  Recitative: Se palesar non posso all'idol moi
24.

-

**:**
»  Aria: Vorrei scoprire il mio martire
25.

-

 
**:**
Tu resti, o mio bel nume

録音: 21-24 January 2018, Provinciaal Museum Begijnhofkerk Sint-Truiden, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6889664
**:**
»  Recitative: Tu resti, o mio bel nume
26.

-

**:**
»  Aria: Se tu sol sei mio conforto
27.

-

**:**
»  Recitative: Or dimmi qual ti sembra
28.

-

**:**
»  Aria: L'istesso è il partire
29.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
自身テオルボやバロックハープ、チェンバロやオルガンなどを弾きこなす通奏低音奏者としても活躍しながら、同時にバリトン歌手として自ら歌い伴奏することもある、ニコラ・アクテン率いるベルギーの精鋭古楽集団スケルツィ・ムジカーリ。これまでにもRicercarで数多く17世紀音楽のアルバムを作ってきましたが、満を持してイタリア後期バロック最大の作曲家のひとりアレッサンドロ・スカルラッティのカンタータと向き合いました。のちに欧州を席巻することとなるナポリ楽派の立役者的巨匠にして、かの鍵盤音楽の大家ドメニコ・スカルラッティの父でもあるアレッサンドロは生前イタリア随一といってもよい名声を誇りましたが、その躍進の過程で大きな意味を持ったのが室内カンタータ。恋する者たちの想いを優美な言葉で綴った詩の魅力をたくみに伝える旋律美あざやかな歌の数々は、イタリア半島各地の有力者たちのあいだで大いに求められ、ローマの「アルカディアのアカデミア」(コレッリやボノンチーニも連なった知識人サークル)で披露された名品群を含め数多くの作例が残っています。本年(2018年)に急逝した同団のリローネ&ガンバ奏者、仙波恵理子氏の思い出に捧げられた本盤において、スケルツィ・ムジカーリは作曲当時のイタリアの演奏習慣にならい充実した通奏低音編成でその演奏に臨み、同時に何挺もの撥弦楽器やバッソ・ダ・ヴィオリーノ(チェロ以前からあった低音弦楽器)を駆使しながら、詩句をよく活かした歌唱で色彩感豊かに作品の魅力を伝えてくれます。国内仕様盤には訳詩・解説訳付。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。