ホーム > アルバム > ROP4036 J.S. バッハ:カンタータ集 - BWV 75, 194 (ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団/ビラー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ROP4036
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , パウル・ゲルハルト Paul Gerhardt , 不詳 Anonymous , ヨハン・ヘールマン Johann Heermann , サミュエル・ロディガスト Samuel Rodigast
アーティスト
アンサンブル・フロリレジウム Ensemble Florilegium , マティアス・ヴァイヒェルト Matthias Weichert , シュテファン・カーレ Stefan Kahle , クリストフ・ゲンツ Christoph Genz , ゲオルク・シュトロイバー Georg Streuber , コンラート・ズーバー Conrad Zuber , ゲオルク・クリストフ・ビラー Georg Christoph Biller , フリードリヒ・プレトリウス Friedrich Praetorius , ヨハン・ベイアー Johann Beyer , マルティン・ペツォールト Martin Petzold , ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 Leipzig Gewandhaus Orchestra , ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団 Leipzig St. Thomas Choir

J.S. バッハ:カンタータ集 - BWV 75, 194 (ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団/ビラー)

BACH, J.S.: Cantatas (Leipzig St. Thomas Choir, Biller) - BWV 75, 194 (The Liturgical Year with J.S. Bach, Vol. 8)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ROP4036

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
讃美歌名詩選 - おお、祝福されし光なる三位一体

Florilegium selectissimorum Hymnorum: Sit laus, honor et gloria: O lux beata Trinitas

録音: 27-28 June 2008 - 12-13 November 2010, Thomaskirche, Leipzig, Gemany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3150700
**:**
»  Florilegium selectissimorum Hymnorum: Sit laus, honor et gloria
1.

-

 
**:**
貧しきものは饗せられん BWV 75

Die Elenden sollen essen, BWV 75

録音: 27-28 June 2008 - 12-13 November 2010, Thomaskirche, Leipzig, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3150759
**:**
»  Part I: Die Elenden sollen essen (Chorus)
2.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Was hilft des Purpurs Majestat (Bass)
3.

-

**:**
»  Part I: Aria: Mein Jesus soll mein alles sein! (Tenor)
4.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Gott sturzet und erhohet (Tenor)
5.

-

**:**
»  Part I: Aria: Ich nehme mein Leiden mit Freuden auf mich (Soprano)
6.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Indes schenkt Gott ein gut Gewissen (Soprano)
7.

-

**:**
»  Part I: Chorale: Was Gott tut, das ist wohlgetan (Chorus)
8.

-

**:**
»  Part II: Sinfonia
9.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Nur eines krankt ein christliches Gemute (Alto)
10.

-

**:**
»  Part II: Aria: Jesus macht mich geistlich reich (Alto)
11.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Wer nur in Jesu bleibt (Bass)
12.

-

**:**
»  Part II: Aria: Mein Herze glaubt und liebt (Bass)
13.

-

**:**
»  Part II: Recitative: O Armut, der kein Reichtum gleicht! (Tenor)
14.

-

**:**
»  Part II: Chorale: Was Gott tut, das ist wohlgetan (Chorus)
15.

-

 
**:**
讃美歌名詩選 - おお、祝福されし光なる三位一体
16.

Florilegium selectissimorum Hymnorum: Sit laus, honor et gloria: O lux beata Trinitas

録音: 27-28 June 2008 - 12-13 November 2010, Thomaskirche, Leipzig, Gemany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3150761
 
**:**
こよなき望みなる祝賀の宴 BWV 194

Hochsterwunschtes Freudenfest, BWV 194

録音: 27-28 June 2008 - 12-13 November 2010, Thomaskirche, Leipzig, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3150760
**:**
»  Hochsterwunschtes Freudenfest (Chorus)
17.

-

**:**
»  Recitative: Unendlich grosser Gott (Bass)
18.

-

**:**
»  Aria: Was des Hochsten Glanz erfullt (Bass)
19.

-

**:**
»  Recitative: Wie konnte dir, du hochstes Angesicht (Soprano)
20.

-

**:**
»  Aria: Hilf, Gott, dass es uns gelingt (Soprano)
21.

-

**:**
»  Chorale: Heilger Geist Himmels Throne (Chorus)
22.

-

**:**
»  Recitative: Ihr Heiligen, erfreuet euch (Tenor)
23.

-

**:**
»  Aria: Des Hochsten Gegenwart allein (Tenor)
24.

-

**:**
»  Recitative Duet: Kann wohl ein Mensch (Soprano, Bass)
25.

-

**:**
»  Aria: O wie wohl ist uns geschehn (Soprano, Bass)
26.

-

**:**
»  Recitative: Wohlan demnach (Bass)
27.

-

**:**
»  Chorale: Sprich Ja zu meinen Taten (Chorus)
28.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/07/01
聖トーマス合唱団によるバッハ(1685-1750)のカンタータ集。こちらは「三位一体」の日のための作品集です。「三位一体」とはキリスト教で父(神)と子(キリスト)と精霊は、一つの神が三つの姿となって現れたものである。という考え方であり、転じて3つのものが緊密に結びつくことを意味するものです。これは絵画や詩、音楽で主題として取り上げられることも多く、キリスト教の中でも大切な考え方です。この「三位一体の主日」は1334年に、時の教皇ヨハネ22世が「精霊降臨の1週間後」の日曜日に定め、現在に至っています。バッハのこの2つの作品のうち、BWV75は1723年5月30日に初演された曲で、ライプツィヒ着任後に最初に演奏したカンタータとしても知られています。他のカンタータに比べ、とりわけ規模が大きく、バッハ自身の自己紹介もかねた素晴らしい作品と言えるでしょう。BWV194はやはり三位一体の日のためのカンタータですが、その半年前のシュテルムタール教会のオルガン奉献式で初演され、その後に改めて三位一体の日に再演されたというものです。少年たちの清冽な声が魅力的な演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。