ホーム > アルバム > ROP6058 J.S. バッハ:「喜び勇みて空に昇れ」/「天はアンハルトの名声と幸を望む」(グリヒトリーク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ROP6058
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
作詞家
クリスティアン・フリードリヒ・フーノルト Christian Friedrich Hunold , クリスティアン・フリートリヒ・ヘンリーツィ Christian Friedrich Henrici
アーティスト
グズルン・シドニー・オットー Gudrun Sidonie Otto , アレクサンダー・フェルディナンド・グリヒトリーク Alexander Ferdinand Grychtolik , カーステン・クリューガー Carsten Krüger , ハンス・イェルク・マンメル Hans Jörg Mammel , ヴィーブケ・レームクール Wiebke Lehmkuhl , Mitteldeutsche Hofmusik

J.S. バッハ:「喜び勇みて空に昇れ」/「天はアンハルトの名声と幸を望む」(グリヒトリーク)

BACH, J.S.: Steigt freudig in die Luft / Der Himmel dacht auf Anhalts Ruhm und Gluck (Ruhm und Gluck) (Grychtolik)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ROP6058

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
喜び勇みて空に昇れ BWV 36a

Steigt freudig in die Luft, BWV 36a

録音: 8 September 2012, Bach-Kirche St. Agnus, Kothen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2668906
**:**
»  Steigt freudig in die Luft (Soprano, Alto, Tenor, Bass)
1.

-

**:**
»  Recitative: Durchlauchtigste, die tiefgebuckte Schuldigkeit (Tenor)
2.

-

**:**
»  Aria: Die Sonne zieht mit sanftem Triebe (Tenor)
3.

-

**:**
»  Recitative: Die Dankbarkeit, so Tag und Nacht (Bass)
4.

-

**:**
»  Aria: Sei uns willkommen, schonster Tag! (Bass)
5.

-

**:**
»  Recitative: Wiewohl, das ist noch nicht genug (Soprano)
6.

-

**:**
»  Aria: Auch mit gedampften, schwachen Stimmen (Soprano)
7.

-

**:**
»  Recitative: Doch ehe wir noch deinen Thron verlassen (Tenor)
8.

-

**:**
»  Recitative: Grune, bluhe, lebe lange (Soprano, Alto, Tenor, Bass)
9.

-

 
**:**
天はアンハルトの名声と幸を望む BWV 66a

Der Himmel dacht auf Anhalts Ruhm und Gluck, BWV 66a

録音: 8 September 2012, Bach-Kirche St. Agnus, Kothen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2668907
**:**
»  Recitative: Der Himmel dacht' auf Anhalts Ruhm und Gluck (Alto)
10.

-

**:**
»  Aria: Traget ihr Lufte den Jubel von hinnen (Alto)
11.

-

**:**
»  Recitative: Die Klugheit auf dem Thron zu sehn (Soprano, Alto)
12.

-

**:**
»  Recitative: Ich weiche nun - Ich weiche nicht (Soprano, Alto)
13.

-

**:**
»  Recitative: Wie weit bist du mit Anhalts Gotterruhm (Soprano, Alto)
14.

-

**:**
»  Aria: Beglucktes Land von susser Ruh und Stille! (Soprano)
15.

-

**:**
»  Recitative: Nun, teurer Furst (Soprano, Alto)
16.

-

**:**
»  Es strahle die Sonne (Soprano, Alto, Tenor, Bass)
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/06/01
復活節第2日用のカンタータBWV66の原曲は1718年、アンハルト・ケーテンの皇太子レオポルトの24歳の誕生日を祝して書かれ、待降節第1日曜日用のカンタータBWV36の原曲は、1725年に作曲されたナッサウ・ジーゲンの王子の2番目の妻シャーロット・フリーデリケ・アマリエの24歳の誕生日に書かれたとされています。どちらも幸福、健康、長寿が願われた祝祭的な雰囲気を持っていますが、自筆譜は失われており、およそ300年後に研究家、指揮者グリヒトリークが再建、この演奏会で初演が行われました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。