ホーム > アルバム > ROP6099 アルフォンソ10世/エイク/J.S. バッハ/テレマン/クヴァンツ:リコーダー作品集(シュヴァンダ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ROP6099
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
アルフォンソ10世 Alfonso X (El Sabio), , ヤコブ・ファン・エイク Jacob van Eyck , ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ Johann Joachim Quantz , マルクス・ツァーンハウゼン Markus Zahnhausen , ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann , ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach , 不詳 Anonymous , アントン・ヘベルレ Anton Heberle , クリスティアーネ・マルティーニ Christiane Martini , Hans-Dieter Renken
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
エリザベート・シュヴァンダ Elisabeth Schwanda

アルフォンソ10世/エイク/J.S. バッハ/テレマン/クヴァンツ:リコーダー作品集(シュヴァンダ)

Recorder Recital: Schwanda, Elisabeth - ALFONSO X (EL SABIO) / EYCK, J. van / BACH, J.S. / TELEMANN, G.P. / QUANTZ, J.J. (Flauto dolce Solo)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ROP6099

全トラック選択/解除

不詳 - Anonymous

**:**
カルミナ・ブラーナ(12世紀) - 主に頼る人は
1.

Carmina Burana [12th century]: Bonum est confidere

録音: 08-10 September 2014, Kirche des Stephansstiftes Hannover Kleefeld, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4064522

アルフォンソ10世 - Alfonso X (El Sabio), (1221-1284)

**:**
聖母マリアのカンティガ集 - A Virgen, que de Deus madre (CSM 322)(リコーダー編)
2.

Cantigas de santa maria: A Virgen, que de Deus madre (CSM 322) (arr. for recorder)

録音: 08-10 September 2014, Kirche des Stephansstiftes Hannover Kleefeld, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4064523

不詳 - Anonymous

**:**
サルタレッロ(イタリア、15世紀)
3.

Saltarello [Italy, 15th century]

録音: 08-10 September 2014, Kirche des Stephansstiftes Hannover Kleefeld, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4064524

ヤコブ・ファン・エイク - Jacob van Eyck (1589-1657)

**:**
笛の楽園 第1巻 - 第27曲 イギリスのナイチンゲール
4.

Der Fluyten Lust-hof, Book 1: No. 27. Engels Nachtegaeltje

録音: 08-10 September 2014, Kirche des Stephansstiftes Hannover Kleefeld, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4064525

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV 1013

Partita in A Minor, BWV 1013

録音: 08-10 September 2014, Kirche des Stephansstiftes Hannover Kleefeld, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4064526
**:**
»  I. Allemande
5.

-

**:**
»  II. Corrente
6.

-

**:**
»  III. Sarabande
7.

-

**:**
»  IV. Bouree anglaise
8.

-

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
12のファンタジア TWV 40:2-13 - 第6番 ニ短調 TWV 40:7
9.

12 Fantaisies, TWV 40:2-13: No. 6 in D Minor, TWV 40:7

録音: 08-10 September 2014, Kirche des Stephansstiftes Hannover Kleefeld, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4064527

ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ - Johann Joachim Quantz (1697-1773)

**:**
カプリッチョ

Capricen

録音: 08-10 September 2014, Kirche des Stephansstiftes Hannover Kleefeld, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4064528
**:**
»  I. Allemande
10.

-

**:**
»  II. Sarabande
11.

-

アントン・ヘベルレ - Anton Heberle (1780-1816)

**:**
華麗なソナタ

Sonate brillante

録音: 08-10 September 2014, Kirche des Stephansstiftes Hannover Kleefeld, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4064529
**:**
»  I. Adagio
12.

-

**:**
»  II. Rondo presto
13.

-

**:**
»  III. Allegro molto a la Menuetto
14.

-

マルクス・ツァーンハウゼン - Markus Zahnhausen (1965-)

**:**
春の音楽 - Junicanari
15.

Fruhlingsmusik: Junicanari

録音: 08-10 September 2014, Kirche des Stephansstiftes Hannover Kleefeld, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4064530
 
**:**
アルト・フルートのための7つの小品 - Schlaflied fur einen Kolibri
16.

7 Stucke fur Altblockflote: Schlaflied für einen Kolibri

録音: 08-10 September 2014, Kirche des Stephansstiftes Hannover Kleefeld, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4064531

クリスティアーネ・マルティーニ - Christiane Martini (1967-)

**:**
17.

La luna

録音: 08-10 September 2014, Kirche des Stephansstiftes Hannover Kleefeld, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4064532
**:**
ゴッチャ・ディ・ピョッジャ

Goccia di Pioggia

録音: 08-10 September 2014, Kirche des Stephansstiftes Hannover Kleefeld, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4064533
**:**
»  I. Andante
18.

-

**:**
»  II. Adagio
19.

-

**:**
»  III. Allegro
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/02/01
このアルバムは、音楽における1000年の歴史をリコーダーのみで再現するという試みです。古くは11世紀頃に書かれた写本の音楽(カルミナ・ブラーナ)の素朴なメロディや、14世紀の舞曲、「笛の楽園」でお馴染みのファン・エイクの作品あたりをさまよい、バッハ、テレマン、クヴァンツで耳なじみのよいメロディに到達、そして、また少しずつ調性やリズムを脱ぎ捨てた音楽へ…。こうしてまとめて聴いてみると、中世、ルネサンスの時代の音楽と現代のミニマル音楽に共通する何かが感じられるのではないでしょうか?リコーダーの名手シュヴァンダの見事な技巧をご堪能ください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。