ホーム > アルバム > ROP6118 カルダーラ:マニフィカト ニ短調/これこそ乙女なる女王/めでたし、海の星よ(ベルリン・ヴォーカルアカデミー/ベルリン・バッサーノ・アンサンブル/マルコヴィッチ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ROP6118
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル, 合唱曲(宗教曲), 声楽曲, 室内楽
作曲家
アントニオ・カルダーラ Antonio Caldara
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , 新約聖書 Bible - New Testament , 不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text , Vincenzo Rastrelli
アーティスト
エリーナ・アルバッハ Elina Albach , ナタリー・ゼーリヒ Nathalie Seelig , ダニエル・ドイター Daniel Deuter , アンナ・フゼク Anna Fusek , ヨナス・ベーム Jonas Böhm , ベルリン・ヴォーカルアカデミー Vokalakademie Berlin , ベルリン・バッサーノ・アンサンブル Bassano Ensemble Berlin , ロバート・マクファーレン Robert Macfarlane , フランク・マルコヴィッチ Frank Markowitsch , フランツィスカ・マルコヴィッチ Franziska Markowitsch , ジェニー・ライネケ Jenni Reineke , マルティン・ローガー Martin Logar , Christina Andersson

カルダーラ:マニフィカト ニ短調/これこそ乙女なる女王/めでたし、海の星よ(ベルリン・ヴォーカルアカデミー/ベルリン・バッサーノ・アンサンブル/マルコヴィッチ)

CALDARA, A.: Magnificat in D Minor / Haec est regina virginum / Ave maris stella (Vokalakademie Berlin, Bassano Ensemble Berlin, Markowitsch)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ROP6118

全トラック選択/解除

アントニオ・カルダーラ - Antonio Caldara (1671-1736)

**:**
マニフィカト ニ短調
1.

Magnificat in D Minor

録音: 17-20 February 2016, Lindenkirche, Berlin-Wilmersdorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5232909
 
**:**
これこそ乙女なる女王
2.

Haec est regina virginum

録音: 17-20 February 2016, Lindenkirche, Berlin-Wilmersdorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5232920
 
**:**
マニフィカト ハ長調
3.

Magnificat in C Major: Suscepit Israel

録音: 17-20 February 2016, Lindenkirche, Berlin-Wilmersdorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5232921
 
**:**
めでたし、海の星よ
4.

Ave maris stella

録音: 17-20 February 2016, Lindenkirche, Berlin-Wilmersdorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5232922
 
**:**
天の女王(レジーナ・チェリ)
5.

Regina coeli

録音: 17-20 February 2016, Lindenkirche, Berlin-Wilmersdorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5232923
 
**:**
サルヴェ・レジーナ ハ短調 - サルヴェ・レジーナ
6.

Salve Regina in C Minor: Salve Regina

録音: 17-20 February 2016, Lindenkirche, Berlin-Wilmersdorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5232924
 
**:**
トリオ・ソナタ ホ短調 Op. 1, No. 5

Trio Sonata in E Minor, Op. 1, No. 5

録音: 17-20 February 2016, Lindenkirche, Berlin-Wilmersdorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5232925
**:**
»  I. Grave
7.

-

**:**
»  II. Vivace
8.

-

**:**
»  III. Adagio
9.

-

**:**
»  IV. Vivace
10.

-

 
**:**
十字架に架けられて(クルーチフィクス)(16声)
11.

Crucifixus a 16

録音: 17-20 February 2016, Lindenkirche, Berlin-Wilmersdorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5232926
 
**:**
2, 3声のための12のモテット集 Op. 4

12 Motetti a 2 e 3 voci, Op. 4

録音: 17-20 February 2016, Lindenkirche, Berlin-Wilmersdorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5232927
**:**
»  Laboravi in gemitu meo
12.

-

 
**:**
あたりは闇となり
13.

Tenebrae factae sunt

録音: 17-20 February 2016, Lindenkirche, Berlin-Wilmersdorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5232928
 
**:**
スターバト・マーテル
14.

Stabat Mater

録音: 17-20 February 2016, Lindenkirche, Berlin-Wilmersdorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5232929
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/09/01
カトリックの世界では、聖母マリアは特別な役割を担っています。彼女はイエスを生み出したことで、全ての原罪から解放された無垢な存在であり、死後は天に昇ることを許され、天上と地上を結ぶ象徴としても崇められています。「サルヴェ・レジーナ」はそのマリアのための祈祷文の一つで、多くの作曲家がこの祈りのために曲を書いています。カルダーラはイタリア・バロック期に高い人気を得ていた作曲家で、華麗なオペラやオラトリオ、ミサ曲で知られています。このアルバムは、マルコヴィッチュとヴォーカルアカデミー・ベルリンの意欲的な試みから生まれた1枚で、前作スカルラッティ(ROP-6062)と同じく、カルダーラ(1670-1736)の数多い宗教曲の中から、聖母マリアに関する曲を拾い出し、トリオ・ソナタを挟みながら一つのストーリーとして構築するという試みが成されています。一説によると3000以上もあったという彼の作品は、現在ほとんど忘れられてしまっていますが、研究によって少しずつ復興されており、このアルバムもカルダーラの真の姿を知るための手引きとして役立つことでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。