ホーム > アルバム > ROP6129 ハイドン:ミサ曲「ハルモニー・ミサ」/交響曲第101番「時計」(ロイス室内管/グリュネルト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ROP6129
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
マティアス・グリュネルト Matthias Grunert , イーナ・ジートラツェク Ina Siedlaczek , フラウエン室内合唱団 Frauenkirche Chamber Choir , トビアス・フンガー Tobias Hunger , トビアス・ベルント Tobias Berndt , ベッティナ・ランチ Bettina Ranch , ロイス室内管弦楽団 Reuss Chamber Orchestra

ハイドン:ミサ曲「ハルモニー・ミサ」/交響曲第101番「時計」(ロイス室内管/グリュネルト)

HAYDN, J.: Mass No. 14, "Harmoniemesse" / Symphony No. 101, "The Clock" (Frauenkirche Chamber Choir, Reuss Chamber Orchestra, Grunert)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ROP6129

全トラック選択/解除

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
ミサ曲第12番 変ロ長調 「ハルモニー・ミサ」 Hob.XXII:14

Mass No. 14 in B-Flat Major, Hob.XXII:14, "Harmoniemesse"

録音: 21-23 April 2016, Live recording, Klosterkirche Thalbürgel, Bürgel, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5189605
**:**
»  Kyrie
1.

-

**:**
»  Gloria: Gloria in excelsis
2.

-

**:**
»  Gloria: Gratias agimus
3.

-

**:**
»  Gloria: Quoniam tu solus sanctus
4.

-

**:**
»  Credo: Credo in unum Deo
5.

-

**:**
»  Credo: Et incarnatus
6.

-

**:**
»  Credo: Et resurrexit
7.

-

**:**
»  Credo: Et vitam venturi
8.

-

**:**
»  Sanctus
9.

-

**:**
»  Benedictus
10.

-

**:**
»  Agnus Dei
11.

-

**:**
»  Dona nobis
12.

-

 
**:**
交響曲第101番 ニ長調 「時計」 Hob.I:101

Symphony No. 101 in D Major, Hob.I:101, "The Clock"

録音: 21-23 April 2016, Live recording, Klosterkirche Thalbürgel, Bürgel, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5189712
**:**
»  I. Adagio - Presto
13.

-

**:**
»  II. Andante
14.

-

**:**
»  III. Menuett: Allegro
15.

-

**:**
»  IV. Finale: Vivace
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/10/01
「交響曲の父」と称されるハイドン(1732-1809)ですが、少なくともハイドンは"交響曲を発明した"のではなく、この形式の中に、様々な実験的な要素を盛り込みながら、拡大、発展させていった功績が讃えられていると言えるでしょう。とりわけ90番以降の完成度の高さは、他の追従を許しません。この交響曲第101番は、ユーモラスな第2楽章で知られる名曲です(ただし「時計」というタイトルはハイドンが付けたものではなく、19世紀になってから生まれた愛唱です)。ハルモニー・ミサはハイドンの12曲あるミサ曲の最後を飾る作品で、タイトルの「ハルモニー」が意味する木管楽器の合奏がとびきりの冴えを見せる充実した音楽です。小規模の編成ながら、美しい響きを楽しめます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。