ホーム > アルバム > RPOSP029 アバフォニック(カレウェ/R. ジョーンズ/ロイヤル・フィル/M. フリーマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
RPOSP029
資料
ジャンル
ポップス/ロック
カテゴリ
ポップス/ロック
作曲家
スティグ・アンダーソン Stig Anderson , ベニー・アンデション Benny Andersson , ビョルン・ウルヴァース Björn Ulvaeus
作詞家
スティグ・アンダーソン Stig Anderson , ベニー・アンデション Benny Andersson , ビョルン・ウルヴァース Björn Ulvaeus
編曲者
マシュー・フリーマン Matthew Freeman
アーティスト
メアリー・カレウェ Mary Carewe , マシュー・フリーマン Matthew Freeman , ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Philharmonic Orchestra , Ria Jones

アバフォニック(カレウェ/R. ジョーンズ/ロイヤル・フィル/M. フリーマン)

ABBAPHONIC (M. Carewe, R. Jones, Royal Philharmonic, M. Freeman)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/RPOSP029

全トラック選択/解除

ビョルン・ウルヴァース - Björn Ulvaeus (1945-) / ベニー・アンデション - Benny Andersson (1946-)

**:**
Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight) (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
1.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880820

ベニー・アンデション - Benny Andersson (1946-) / ビョルン・ウルヴァース - Björn Ulvaeus (1945-)

**:**
Chiquitita (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
2.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880821
 
**:**
Dancing Queen (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
3.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880822
 
**:**
Super Trouper (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
4.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880823
 
**:**
The Winner Takes It All (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
5.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880824
 
**:**
Take a Chance on Me (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
6.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880825
 
**:**
Money, Money, Money (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
7.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880826

ベニー・アンデション - Benny Andersson (1946-) / ビョルン・ウルヴァース - Björn Ulvaeus (1945-) / スティグ・アンダーソン - Stig Anderson

**:**
Mamma Mia (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
8.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880827

ベニー・アンデション - Benny Andersson (1946-) / ビョルン・ウルヴァース - Björn Ulvaeus (1945-)

**:**
Intermezzo (arr. M. Freeman for orchestra)
9.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880828

ベニー・アンデション - Benny Andersson (1946-) / ビョルン・ウルヴァース - Björn Ulvaeus (1945-) / スティグ・アンダーソン - Stig Anderson

**:**
Knowing Me, Knowing You (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
10.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880829
 
**:**
SOS (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
11.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880830

ベニー・アンデション - Benny Andersson (1946-) / ビョルン・ウルヴァース - Björn Ulvaeus (1945-)

**:**
Voulez-Vous (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
12.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880831
 
**:**
アイ・ハヴ・ア・ドリーム(M. フリーマンによる声楽と管弦楽編)
13.

I Have a Dream (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)

録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880832

ベニー・アンデション - Benny Andersson (1946-) / ビョルン・ウルヴァース - Björn Ulvaeus (1945-) / スティグ・アンダーソン - Stig Anderson

**:**
Fernando (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
14.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880833
 
**:**
Waterloo (arr. M. Freeman for vocals and orchestra)
15.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880834

ベニー・アンデション - Benny Andersson (1946-) / ビョルン・ウルヴァース - Björn Ulvaeus (1945-)

**:**
Thank You for the Music (arr. M. Freeman for vocal and orchestra)
16.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880835
 
**:**
Dancing Queen (Remix) (arr. M. Freeman for orchestra)
17.
録音: 22-23 April 2010, Angel Studios, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3880836
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/04/01
ABBAの名曲に、瀟洒なオーケストラのひねりを加えたゴージャスなアルバムです。フルオーケストラの重厚なサウンドと、ノリノリでエキサイティングなリズムが融合すると、こんなにクールな音楽になるのです!夏風を受けながらのドライブにもぴったり。2011年のロイヤル・アルバート・ホールでの同じアーティストによる「アバフォニック」公演は大盛況だったそうです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。