ホーム > アルバム > RPOSP045 クレツキ:ヴァイオリン協奏曲/シマノフスキ:ヴァイオリン協奏曲第2番/ルトスワフスキ:パルティータ(ダヴィドヴィチ/ロイヤル・フィル/ノヴァーク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
RPOSP045
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
パウル・クレツキ Paul Kletzki , カロル・シマノフスキ Karol Szymanowski , ヴィトルト・ルトスワフスキ Witold Lutosławski
アーティスト
ロバート・ダヴィドヴィチ Robert Davidovici , グルジェゴルス・ノヴァーク Grzegorz Nowak , ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Philharmonic Orchestra

クレツキ:ヴァイオリン協奏曲/シマノフスキ:ヴァイオリン協奏曲第2番/ルトスワフスキ:パルティータ(ダヴィドヴィチ/ロイヤル・フィル/ノヴァーク)

KLETZKI, P.: Violin Concerto / SZYMANOWSKI, K.: Violin Concerto No. 2 / LUTOSŁAWSKI, W.: Partita (Davidovici, Royal Philharmonic, G. Nowak)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/RPOSP045

全トラック選択/解除

パウル・クレツキ - Paul Kletzki (1900-1973)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 in G Op. 19

Violin Concerto in G, Op. 19

録音: 10-11 January 2013, Cadogan Hall, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3444018
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Andante espressivo
2.

-

**:**
»  III. Allegro giocoso
3.

-

カロル・シマノフスキ - Karol Szymanowski (1882-1937)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第2番 Op. 61

Violin Concerto No. 2, Op. 61

録音: 10-11 January 2013, Cadogan Hall, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3444019
**:**
»  Moderato, molto tranquillo -
4.

-

**:**
»  Allegramente, molto energico -
5.

-

**:**
»  Andantino, molto tranquillo -
6.

-

**:**
»  Tempo I
7.

-

ヴィトルト・ルトスワフスキ - Witold Lutosławski (1913-1994)

**:**
パルティータ(ヴァイオリンと管弦楽版)

Partita (version for violin and orchestra)

録音: 10-11 January 2013, Cadogan Hall, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3444020
**:**
»  I. Allegro giusto
8.

-

**:**
»  II. Ad libitum
9.

-

**:**
»  III. Largo
10.

-

**:**
»  IV. Ad libitum
11.

-

**:**
»  V. Presto
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/06/01
ポーランドの3人の作曲家による3曲のヴァイオリン協奏曲集。パウル・クレツキはどちらかというと指揮者として知られ、マーラーとベートーヴェンの一連の録音で高い評価を得ています。そんなクレツキ、実は作曲家としても素晴らしい才能を持っていて、交響曲「イン・メモリアム」を始めとした聞き応えのある作品を書いていたのですが、戦時中に作曲を続ける意思を失い、それ以降は指揮者として活躍したのでした。このヴァイオリン協奏曲は、どことなくコルンゴルトを思わせる甘さを持った美しい作品です。シマノフスキのヴァイオリン協奏曲は、作曲年代はクレツキのものよりも少しだけ後ですが、曲想はもっと神秘的であり、いかにもシマノフスキらしい幽玄な響きに満ちています。ルトスワフスキの作品は色彩的で流動的。とはいえ血も涙もない現代作品とは違った、なんともいえない面白さに溢れた曲です。ここでヴァイオリンを演奏しているロバート・ダヴィドヴィチ。彼は2004年から2006年までの2年間、大阪フィルのコンサートマスターを務めたことでも知られる人。卓越した技巧と幅広いレパートリーを持ち、どんな曲でも容易く演奏してしまいます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。