ホーム > アルバム > RPOSP052 カルウォヴィチ:交響詩「寄せては返す波」/永遠の歌/リトアニア狂詩曲/交響詩「ビアンカ・ダ・モレナ」(ロイヤル・フィル/ノヴァーク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
RPOSP052
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ミェチスワフ・カルウォヴィチ Mieczysław Karłowicz
アーティスト
グルジェゴルス・ノヴァーク Grzegorz Nowak , ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Philharmonic Orchestra

カルウォヴィチ:交響詩「寄せては返す波」/永遠の歌/リトアニア狂詩曲/交響詩「ビアンカ・ダ・モレナ」(ロイヤル・フィル/ノヴァーク)

KARŁOWICZ, M.: Returning Waves / Eternal Songs / Lithuanian Rhapsody / Bianca da Molena (Royal Philharmonic, G. Nowak)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/RPOSP052

全トラック選択/解除

ミェチスワフ・カルウォヴィチ - Mieczysław Karłowicz (1876-1909)

**:**
寄せては返す波 Op. 9
1.

Powracajace fale (Returning Waves), Op. 9

録音: 15-16 February 2015, Watford Colosseum, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5589773
 
**:**
交響詩「永遠の歌」 Op. 10

Odwieczne piesni (Eternal Songs), Op. 10

録音: 15-16 February 2015, Watford Colosseum, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5589774
**:**
»  I. Piesn o wiekuistej tesknocie (Song of Eternal Longing)
2.

-

**:**
»  II. Piesn o milosci i o smierci (Song of Love and Death)
3.

-

**:**
»  III. Piesn o wszechbycie (Song of Eternity)
4.

-

 
**:**
リトアニア狂詩曲 Op. 11
5.

Rapsodia litewska (Lithuanian Rhapsody), Op. 11

録音: 15-16 February 2015, Watford Colosseum, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5589775
 
**:**
交響詩「ビアンカ・ダ・モレナ」 Op. 6
6.

Bianca da Molena, Op. 6

録音: 15-16 February 2015, Watford Colosseum, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5589776
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/03/01
若いポーランドの作曲家たちで構成された音楽サークル「若きポーランド」の中心人物であり、才能を嘱望されていたカルウォヴィチが、32歳と2か月の若さで、突然この世を去ったのは、タトラ山脈でスキー中に雪崩に巻き込まれてのことでした。彼が残した作品は数こそ多くないものの、どれもが甘美な叙情性をもつ旋律と、半音階的な和声が特徴的な管弦楽法による重厚なハーモニーを持ち、現代の人々にも広く愛されています。ロイヤル・フィルハーモニーのレパートリーとしては珍しい作品ですが、グルジェゴルス・ノヴァークは刺激的なアプローチにより、これらの曲の新しい魅力を引き出しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。