ホーム > アルバム > RR-93CD コープランド:市民のためのファンファーレ/アパラチアの春/交響曲第3番(ミネソタ管/大植英次)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
RR-93CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ
作曲家
アーロン・コープランド Aaron Copland
アーティスト
大植英次 Eiji Oue , ミネソタ管弦楽団 Minnesota Orchestra

コープランド:市民のためのファンファーレ/アパラチアの春/交響曲第3番(ミネソタ管/大植英次)

COPLAND, A.: Fanfare for the Common Man / Appalachian Spring / Symphony No. 3 (Minnesota Orchestra, Oue)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/RR-93CD

全トラック選択/解除

アーロン・コープランド - Aaron Copland (1900-1990)

**:**
市民のためのファンファーレ
1.

Fanfare for the Common Man

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1821530
 
**:**
バレエ組曲「アパラチアの春」
2.

Appalachian Spring

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1821531
 
**:**
交響曲第3番

Symphony No. 3

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1821532
**:**
»  I. Molto moderato
3.

-

**:**
»  II. Allegro molto
4.

-

**:**
»  III. Andantino quasi allegretto
5.

-

**:**
»  IV. Molto deliberato
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2012/03/21
コープランドの作品にはのびやかな愉悦感と清々しさ、スリリングなリズムが交錯し、20世紀音楽の新しい、アメリカ的な可能性というものの開花を存分に感じさせてくれる何かがあふれているように思います。私は特に春になると「アパラチアの春」をしみじみ聞きたくなるのですが、同時期の作品である交響曲第3番はそうした風情以上の幅広い表現が聞かれます。大植/ミネソタ管のここでの演奏は集中力の高い丁寧な優れた演奏で、特に細やかな表情づけと透明感あふれる構築感と音響で、作品の清涼感と活力を余すところなく表現していると思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。