ホーム > アルバム > RR-95CD レスピーギ:組曲「シバの女王ベルキス」/地の精のバラード/交響詩「ローマの松」(ミネソタ管/大植英次)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
RR-95CD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
オットリーノ・レスピーギ Ottorino Respighi
アーティスト
大植英次 Eiji Oue , ミネソタ管弦楽団 Minnesota Orchestra

レスピーギ:組曲「シバの女王ベルキス」/地の精のバラード/交響詩「ローマの松」(ミネソタ管/大植英次)

RESPIGHI, O.: Belkis / Ballata delle gnomidi / Pini di Roma (Oue)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/RR-95CD

全トラック選択/解除

オットリーノ・レスピーギ - Ottorino Respighi (1879-1936)

**:**
組曲「シバの女王ベルキス」 P. 177

Belkis, Queen of Sheba Suite, P. 177

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1820359
**:**
»  I. Il Sogno di Salomone (The Dream of Solomon)
1.

-

**:**
»  III. La Danza di Belkis all'aurora (The Dance of Belkis at Dawn)
2.

-

**:**
»  II. Danza guerresca (War Dance)
3.

-

**:**
»  IV. Danza orgiastica (Orgiastic Dance)
4.

-

 
**:**
地の精のバラード P. 124

Ballata delle gnomidi, P. 124

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1950300
**:**
»  I. Allegro vivace
5.

-

**:**
»  II. Meno mosso
6.

-

**:**
»  III. Alla marcia funebre
7.

-

**:**
»  IV. Allegro
8.

-

 
**:**
交響詩「ローマの松」 P. 141

Pini di Roma (Pines of Rome), P. 141

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1950301
**:**
»  第1部 ボルゲーゼ荘の松
9.

-

I. I pini di Villa Borghese (The Pines of the Villa Borghese)

**:**
»  第2部 カタコンバ付近の松
10.

-

II. Pini presso una catacomba (Pines Near a Catacomb)

**:**
»  第3部 ジャニコロの松
11.

-

III. I pini del Gianicolo (The Pines of the Janiculum)

**:**
»  第4部 アッピア街道の松
12.

-

IV. I pini della via Appia (The Pines of the Appian Way)

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2012/03/22
アメリカの高音質レーベル「Reference Recordings」が新規に参加しました。HDCDの生みの親であるキース O.ジョンソン博士がエンジニアを務めているレーベルで、その音質の良さはオーディオファンの間では話題になっています。その中から、現在大阪フィルハーモニー交響楽団の音楽監督を務める大植英次氏が、ミネソタ管弦楽団を指揮していた時期に録音した名盤のひとつレスピーギの作品集をご紹介します。吹奏楽でもお馴染みのベルキスにローマの松と、オーディオファンでなくても飛びついてしまう魅力的なカップリング。完成度も極めて高く、聴き応え抜群の一枚です。
レビュアー: 雅哉 投稿日:2012/03/24
ローマ三部作がやたらめったら有名で、他には「リュートのための古風な舞曲とアリア」くらいしか日本では演奏される機会のなかったレスピーギですが、バレエ音楽「シバの女王ベルキス」の価値が発見され、知られるようになったのは吹奏楽の功績が大きいです。現在までに全日本吹奏楽コンクールでこの曲は36回演奏されています。最初に取り上げられたのは1988(昭和63)年でした。そのオリジナル版を大植英次/ミネソタ管によるモダンな演奏、しかも飛び切りの優秀録音でお聴き下さい。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。