ホーム > アルバム > SCD1127-28 オルソン:オルガン作品全集(グスタフソン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
SCD1127-28
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
オット・オルソン Otto Olsson
アーティスト
ラルフ・グスタフソン Ralph Gustafsson

オルソン:オルガン作品全集(グスタフソン)

OLSSON, O.: Organ Music (Complete) (Gustafsson)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SCD1127-28

全トラック選択/解除

Disc 1

オット・オルソン - Otto Olsson (1879-1964)

**:**
瞑想曲 ホ短調 Op. 14 No. 2
1.

Meditation in E Minor, Op. 14, No. 2

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779143
 
**:**
グレゴリオの旋律第2集 Op. 47

Gregorianska melodier, Book 2, Op. 47

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779461
**:**
»  No. 1. Alma redemptoris mater
2.

-

**:**
»  No. 2. Iste confessor
3.

-

**:**
»  No. 3. Haec dies
4.

-

**:**
»  No. 4. Credo
5.

-

**:**
»  No. 5. O sacrum convivium
6.

-

**:**
»  No. 6. Magnificat
7.

-

 
**:**
コラールによる変奏曲 Op. 48
8.

Variationer over en koral, Op. 48

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779462
 
**:**
アントレ Op. 21 No. 1
9.

Entre, Op. 21, No. 1

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779463
 
**:**
葬送行進曲 Op. 21 No. 2
10.

Marche funebre, Op. 21, No. 2

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779464
 
**:**
小品 ハ長調 Op. 21 No. 3
11.

Miniature in C Major, Op. 21, No. 3

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779465
 
**:**
小品集

Miniatures

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779466
**:**
»  No. 1. Allegro giocoso
12.

-

**:**
»  No. 2. Andante
13.

-

**:**
»  No. 3. Andante doloroso
14.

-

**:**
»  No. 4. Andantino
15.

-

**:**
»  No. 5. Allegro deciso
16.

-

**:**
»  No. 6. Adagio
17.

-

**:**
»  No. 7. Allegretto
18.

-

Disc 2

オット・オルソン - Otto Olsson (1879-1964)

**:**
前奏曲とフーガ 嬰ヘ短調 Op. 52
1.

Prelude and Fugue in F-Sharp Minor, Op. 52

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779467
 
**:**
クレド・シンフォニアクム Op. 50

Credo symphoniacum, Op. 50

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779468
**:**
»  I. Introduction und Allegro: Credo in unum Deum
2.

-

**:**
»  II. Choral: Jesus Christus nostra salus
3.

-

**:**
»  III. Finale: Veni creator spiritus
4.

-

 
**:**
コラール第298番への前奏曲
5.

Prelude to Chorale 298

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779469
 
**:**
後奏曲 - クリスマス
6.

Postludium: Juldagen

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779470
 
**:**
コラール第305番への前奏曲
7.

Prelude to Chorale 305

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779471
 
**:**
前奏曲とフーガ 嬰ニ短調 Op. 56
8.

Prelude and Fugue in D-Sharp Minor, Op. 56

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779472
 
**:**
結婚前奏曲
9.

Brollopspreludium

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779473
 
**:**
小オルガン幻想曲 ホ長調
10.

A Little Organ Fantasy in E Major

録音: 13-15 September, 25-26 October 2005, Maria Magdalena Church, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779474
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ビー太郎 投稿日:2015/11/03
ナクソスを渉猟していると、僕の知らない作曲家、優秀録音に出くわします。このCDの作曲者オットオルソンもその一人です。wikiによれば、「 1879年12月19日 – 1964年9月1日)はスウェーデンの作曲家。生前はパイプオルガンのヴィルトゥオーゾとして著名であった。」とあります。このCD集を聞いて頂くとわかるのですが、はじめ、オルガンの音色が聖マリア・マグダレーナ教会の中で響いて余韻を持って消えていくのがなんとも美しく、それでどんどん聞き進んですべて聞いてしまいました。何度も聞いているうちに、飾り気のないオルソンの音楽に引き込まれました。このアルバムの作品は小曲が多いです。キリスト教の礼拝では、特にプロテスタントの礼拝ではなんどもオルガンによる音楽が奏されます。礼拝前の前奏に始まり、賛美歌、説教の前後、献金、礼拝後の後奏まで、ずっと演奏されます。スウェーデンはプロテスタントですから、実際に礼拝で奏でられているのでしょう。いいものを発見しました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。