ホーム > アルバム > SIGCD219 マーラー:交響曲第4番(フォックス/フィルハーモニア管/マッケラス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SIGCD219
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
伝承 Traditional
アーティスト
フィルハーモニア管弦楽団 Philharmonia Orchestra , サラ・フォックス Sarah Fox , チャールズ・マッケラス Charles Mackerras

マーラー:交響曲第4番(フォックス/フィルハーモニア管/マッケラス)

MAHLER, G.: Symphony No. 4 (S. Fox, Philharmonia Orchestra, Mackerras)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SIGCD219

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第4番 ト長調

Symphony No. 4 in G Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2199905
**:**
»  I. Bedachtig, nicht eilen
1.

-

**:**
»  II. In gemachlicher Bewegung, ohne Hast
2.

-

**:**
»  III. Ruhevoll, poco adagio
3.

-

**:**
»  IV. Sehr behaglich
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: f r o g 投稿日:2011/02/18
名伯楽、マッケラスの、落ち着いて聴けるマーラー。摩訶不思議な所も、不気味な所も、幸せに満ちた所も、厭世的気分も、作為無く、ごく自然に、情感深く、充分に表現されています。マッケラスを、首席客演指揮者に迎えていたフィルハーモニア管も、いつものように、変わり身の早い、高いレベルで、彼の棒に応えています。良心的名演。2006年2月のライヴ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。