ホーム > アルバム > SIGCD557 ア・ウォーク・ウィズ・アイヴァー・ガーニー(テネブレ/ショート)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SIGCD557
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲), 声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ Ralph Vaughan Williams , アイヴォー・ガーニー Ivor Gurney , ハーバート・ハウエルズ Herbert Howells , ジュディス・ビンガム Judith Bingham
作詞家
マシュー・アーノルド Matthew Arnold , アイヴォー・ガーニー Ivor Gurney , 旧約聖書 Bible - Old Testament , フレデリック・ウィリアム・ハーヴェイ Frederick William Harvey , 不詳 Anonymous , ジョン・ブニャン John Bunyan , ロバート・セイモア・ブリッジズ Robert Seymour Bridges , ジョン・フレッチャー John Fletcher , ジョン・メイスフィールド John Masefield
編曲者
ハーバート・ハウエルズ Herbert Howells , ジェラルド・フィンジ Gerald Finzi
アーティスト
オーロラ管弦楽団 Aurora Orchestra , サイモン・カロウ Simon Callow , サラ・コノリー Sarah Connolly , ジェイムズ・シャーロック James Sherlock , ナイジェル・ショート Nigel Short , クリストファー・ディーコン Christopher Deacon , テネブレ Tenebrae

ア・ウォーク・ウィズ・アイヴァー・ガーニー(テネブレ/ショート)

Vocal and Choral Music - VAUGHAN WILLIAMS, R. / HOWELLS, H. / GURNEY, I. / BINGHAM, J. (A Walk With Ivor Gurney) (Tenebrae, N. Short)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SIGCD557

全トラック選択/解除

Disc 1

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ - Ralph Vaughan Williams (1872-1958)

**:**
トマス・タリスの主題による幻想曲
1.

Fantasia on a Theme by Thomas Tallis

録音: 2-4 January / 18 April 2018, St. Giles-without-Cripplegate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6822130

ハーバート・ハウエルズ - Herbert Howells (1892-1983)

**:**
ライク・アズ・ザ・ハート
2.

Like as the hart

録音: 2-4 January / 18 April 2018, St. Giles-without-Cripplegate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6833701

アイヴォー・ガーニー - Ivor Gurney (1890-1937)

**:**
我は天地の創造主、全能の父なる神を信
3.

Since I Believe in God the Father Almighty

録音: 2-4 January / 18 April 2018, St. Giles-without-Cripplegate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6833702

ジュディス・ビンガム - Judith Bingham (1952-)

**:**
ア・ウォーク・ウィズ・アイヴァー・ガーニー
4.

A Walk With Ivor Gurney

録音: 2-4 January / 18 April 2018, St. Giles-without-Cripplegate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6833703

アイヴォー・ガーニー - Ivor Gurney (1890-1937)

**:**
棺の側で
5.

By a Bierside (arr. H. Howells for voice and orchestra)

録音: 2-4 January / 18 April 2018, St. Giles-without-Cripplegate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6833704

Disc 2

アイヴォー・ガーニー - Ivor Gurney (1890-1937)

**:**
フランドルにて
1.

In Flanders (arr. H. Howells for voice and orchestra)

録音: 2-4 January / 18 April 2018, St. Giles-without-Cripplegate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6833705
 
**:**
5つのエリザベス朝の歌 - 第4曲 眠り(G. フィンジによる声楽と管弦楽編)
2.

5 Elizabethan Songs: No. 4. Sleep (arr. G. Finzi for voice and orchestra)

録音: 2-4 January / 18 April 2018, St. Giles-without-Cripplegate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6833706

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ - Ralph Vaughan Williams (1872-1958)

**:**
オックスフォード悲歌
3.

An Oxford Elegy

録音: 2-4 January / 18 April 2018, St. Giles-without-Cripplegate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6833707
 
**:**
真理のために勇敢に
4.

Valiant for Truth

録音: 2-4 January / 18 April 2018, St. Giles-without-Cripplegate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6833708
 
**:**
主よ、あなたはわれらの避難所である
5.

Lord, Thou hast been our refuge

録音: 2-4 January / 18 April 2018, St. Giles-without-Cripplegate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6833709
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: Hilliard1547 投稿日:2018/11/02
イギリス音楽好きの方は必聴。第一次世界大戦時に従軍し、フランス戦線での戦いを経験した後、帰国してヴォーン・ウィリムズに師事。詩人・作曲家として芽が出たと思われたが精神的に病んでしまい生涯を閉じた、アイヴァー・ガーニーを軸とした作品集。目立たないけれど、英国歌曲の世界では珠玉の才能。初めて彼の曲を聴くという方は、盟友ハウェルズが編曲した「フランドルにて」という短くも美しい曲をどうぞ。戦争詩人としても知られるガーニーの作品に付曲した、ジュディス・ビンガムの幻想的な作品も。声楽アンサンブル「テネブレ」の純度が高いハーモニーも、イングランドの教会で聴いているよう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。