ホーム > アルバム > SM119 ヴァスクス:ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとピアノのための四重奏曲/ブラームス:ピアノ四重奏曲第3番(アンサンブル・ラロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SM119
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ペトリス・ヴァスクス Pēteris Vasks , ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
アーティスト
アンサンブル・ラロ Ensemble Raro

ヴァスクス:ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとピアノのための四重奏曲/ブラームス:ピアノ四重奏曲第3番(アンサンブル・ラロ)

VASKS, P.: Piano Quartet / BRAHMS, J.: Piano Quartet No. 3 (Canti drammatici) (Ensemble Raro)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM119

全トラック選択/解除

ペトリス・ヴァスクス - Pēteris Vasks (1946-)

**:**
ピアノ四重奏曲

Piano Quartet

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5259266
**:**
»  I. Preludio: Moderato
1.

-

**:**
»  II. Danze: Allegro
2.

-

**:**
»  III. Canti drammatici: Andante
3.

-

**:**
»  IV. Quasi una passacaglia: Allegro
4.

-

**:**
»  V. Canto principale: Cantabile
5.

-

**:**
»  VI. Postludio: Adagio
6.

-

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ピアノ四重奏曲第3番 ハ短調 Op. 60

Piano Quartet No. 3 in C Minor, Op. 60

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5259267
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
7.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro
8.

-

**:**
»  III. Andante
9.

-

**:**
»  IV. Fiinale: Allegro comodo
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/02/26
革新的なヴァスクス、ヨーロッパの伝統を守るブラームス。あまりない取り合わせが気持ちをそそる1枚です。冒頭から熱く熱く訴えかける歌心がなんとも素晴らしく、ついつい耳を傾けてしまいます。暗さの中に息づく情熱、深い水の中に煌めく鈍い光。そんなことを考えさせるような演奏です。このアンサンブル・ラロは2008年7月に神戸国際芸術祭にも出演。アンサンブルの名前はロベルト・シューマンが生みだしたダヴィド同盟のラロ博士に着想を得ていて、ふたつの相対する創造精神に均衡をもたらす力として描かれている人物です。そんなエピソードにふさわしい1枚をぜひお聴きください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。