ホーム > アルバム > SM143 テレマン/ギユマン/モーツァルト/ハイドン:室内楽作品集(カサル四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SM143
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ルイ=ガブリエル・ギユマン Louis-Gabriel Guillemain , ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann , フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
カザル四重奏団 Casal Quartet

テレマン/ギユマン/モーツァルト/ハイドン:室内楽作品集(カサル四重奏団)

Chamber Music - TELEMANN, G.P. / GUILLEMAIN, L.-G. / MOZART, W.A. / HAYDN, J. (Birth of the String Quartet, Vol. 2) (Casal Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM143

全トラック選択/解除

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
6つの四重奏曲 第4巻 - 四重奏曲第5番 ト長調 TWV 43:G5 (弦楽四重奏編)

Quatrieme livre de 6 quatuors: Quartet No. 5 in G Major, TWV 43:G5 (version for string quartet)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1358974
**:**
»  I. Adagio
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

ルイ=ガブリエル・ギユマン - Louis-Gabriel Guillemain (1705-1770)

**:**
フルート四重奏曲 ロ短調 Op. 12 No. 2 (弦楽四重奏編)

Flute Quartet in B Minor, Op. 12, No. 2 (version for string quartet)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1358991
**:**
»  I. Allegro
5.

-

**:**
»  II. Aria
6.

-

**:**
»  III. Allegro
7.

-

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
弦楽四重奏曲第10番 ハ長調 K. 170

String Quartet No. 10 in C Major, K. 170

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1358992
**:**
»  I. Andante
8.

-

**:**
»  II. Menuetto
9.

-

**:**
»  III. Un poco adagio
10.

-

**:**
»  IV. Rondo: Allegro
11.

-

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
弦楽四重奏曲第60番 ト長調 Op. 76, No. 1, Hob.III:75

String Quartet No. 60 in G Major, Op. 76, No. 1, Hob.III:75

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1358993
**:**
»  I. Allegro con spirito
12.

-

**:**
»  II. Adagio sostenuto
13.

-

**:**
»  III. Menuet: Presto
14.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro ma non troppo
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2012/06/01
カザル弦楽四重奏団による「バース・オブ・ザ・ストリング・カルテット」第1集は、第1集は、スカルラッティ、サンマルティーニ、モーツァルト、ボッケリーニハイドンを並べ、楽器の発展と音楽の発展を巧妙に結び付けたもので、その歴史的な価値と音楽性の高さにより、2010年に権威ある「エコー・クラシック賞」を受賞しました。今回の第2集は、伝説的名ヴァイオリン製作者ヤコプ・シュタイナーの手による貴重な楽器を用いて、18世紀のフランスとドイツの作品を演奏、更なる音色と楽器への探求心を深めてくれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。