ホーム > アルバム > SM175 ブラームス:ワルツ集「愛の歌」(4手ピアノ版)/ドヴォルザーク:スラヴブ舞曲集/スーク:愛の歌(ケトラー/リフシッツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SM175
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ヨゼフ・スーク Josef Suk , アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák , ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
アンサンブル・ラロ Ensemble Raro , ダイアナ・ケトラー Diana Ketler , アンドレイ・ビーロウ Andrej Bielow , コンスタンティン・リフシッツ Konstantin Lifschitz

ブラームス:ワルツ集「愛の歌」(4手ピアノ版)/ドヴォルザーク:スラヴブ舞曲集/スーク:愛の歌(ケトラー/リフシッツ)

BRAHMS, J.: 18 Liebeslieder Walzer (version for piano 4 hands) / DVORAK, A.: Slavonic Dances / SUK, J.: Love Song (Love Songs) (Ketler, Lifschitz)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM175

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ワルツ集 「愛の歌」 Op. 52a (4手ピアノ版)

18 Liebeslieder Walzer, Op. 52a (version for piano 4 hands)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2450809
**:**
»  No. 1. Rede, Madchen
1.

-

**:**
»  No. 2. Am Gesteine rauscht die Flut
2.

-

**:**
»  No. 3. O die Frauen
3.

-

**:**
»  No. 4. Wie des Abends schöne Rote
4.

-

**:**
»  No. 5. Die grune Hopfenranke
5.

-

**:**
»  No. 6. Ein kleiner, hubscher Vogel
6.

-

**:**
»  No. 7. Wohl schon bewandt was es
7.

-

**:**
»  No. 8. Wenn so lind dein Auge
8.

-

**:**
»  No. 9. Am Donaustrande
9.

-

**:**
»  No. 10. O wie sanft die Quelle
10.

-

**:**
»  No. 11. Nein, es ist nicht auszukommen
11.

-

**:**
»  No. 12. Schlosser auf, und mache Schlosser
12.

-

**:**
»  No. 13. Vogelein durchrauscht die Luft
13.

-

**:**
»  No. 14. Sieh, wie ist die Welle klar
14.

-

**:**
»  No. 15. Nachtigall, sie singt so schon
15.

-

**:**
»  No. 16. Ein dunkler Schacht ist Liebe
16.

-

**:**
»  No. 17. Nicht wandle, mein Licht
17.

-

**:**
»  No. 18. Es bebet das Gestrauche
18.

-

 
**:**
4つのリート Op. 96 - 第2曲 われらはさまよい歩いた(ヴィオラとピアノ編)
19.

4 Lieder, Op. 96: No. 2. Wir wandelten, wir zwei zusammen (arr. for viola and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2450810
 
**:**
5つのリート Op. 105 - 第1曲 調べのように私を通り抜ける(ヴィオラとピアノ編)
20.

5 Lieder, Op. 105: No. 1. Wie Melodien zieht es mir (arr. for viola and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2450811

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
スラヴ舞曲集 第2集 Op. 72, B. 145 (抜粋)

Slavonic Dances, Series 2, Op. 72, B. 145 (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2450812
**:**
»  Slavonic Dance No. 9 in B Major, Op. 72, No. 1
21.

-

**:**
»  Slavonic Dance No. 10 in E Minor, Op. 72, No. 2
22.

-

**:**
»  Slavonic Dance No. 12 in D-Flat Major, Op. 72, No. 4
23.

-

**:**
»  Slavonic Dance No. 15 in A Major, Op. 72, No. 7
24.

-

ヨゼフ・スーク - Josef Suk (1874-1935)

**:**
6つのピアノ小品 Op. 7 - 第1曲 愛の歌(ヴァイオリンとピアノ編)
25.

6 Piano Pieces, Op. 7: No. 1. Love Song (arr. for violin and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2450813

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
ボヘミアの森より Op. 68, B 133 (抜粋)

Ze Sumavy (From the Bohemian Forest), Op. 68, B. 133 (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2450814
**:**
»  No. 5. Silent Woods
26.

-

**:**
»  No. 1. In the Spinning Room
27.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/09/01
このアルバムは3人の作曲家による「愛とその影響について」のモノローグ集です。親しい友人である4人の音楽家…ピアニストのケトラーとリフシッツ、ヴァイオリニストのビエロフ、ヴィオラのポポヴィチは、これらの音楽から親密でロマンティックな情景を紡ぎ出し、聴き手に心地よさと暖かい雰囲気を届けます。生涯独身を貫いたブラームスが創った「愛の歌」は、もともとは四重奏曲として書かれたものをピアノ連弾に編曲。選ばれた歌詞には、無骨さと真面目さ、そして多少の皮肉も込められていますが、この連弾版は歌詞がないだけあって、牧歌的な懐かしさと美しさが強調された親密な音楽となっています。ドヴォルザークの作品は、個人的な愛だけではなく、大いなる自然への賛美です。スクの作品はまさに恍惚と欲望に彩られていますが、やはり根底にあるのは自然への崇敬でしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。