ホーム > アルバム > SM202 コルンゴルト/ゴルトマルク:ヴァイオリンとピアノのための作品集(コルソラン/マリ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
SM202
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ルビン・ゴールドマーク Rubin Goldmark , カール・ゴルトマルク Karl Goldmark , エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト Erich Wolfgang Korngold , ロバート・ドーバー Robert Dauber
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
オルショヤ・コルソラン Orsolya Korcsolán , エメシェ・マリ Emese Mali

コルンゴルト/ゴルトマルク:ヴァイオリンとピアノのための作品集(コルソラン/マリ)

Violin and Piano Recital: Korcsolan, Orsolya / Mali, Emese - KORNGOLD, E.W. / GOLDMARK, K. (KornGoldmark)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM202

全トラック選択/解除

エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト - Erich Wolfgang Korngold (1897-1957)

**:**
歌劇「ヘリアーネの奇跡」 Op. 20 - ヘリアーネの歌
1.

Das Wunder der Heliane, Op. 20: Gesang der Heliane

録音: 20-22 May 2013, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3360589
 
**:**
Die tote Stadt, Op. 12 (arr. for violin and piano) (excerpts)

録音: 20-22 May 2013, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6229535
**:**
»  Act II: Tanzlied des Pierrot
2.

-

**:**
»  Act I: Gluck, das mir verblieb, "Marietta's Lied"
3.

-

 
**:**
Der Schneemann: Serenade
4.
録音: 20-22 May 2013, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6229536
 
**:**
「から騒ぎ」からの4つの小品 Op. 11 (ヴァイオリンとピアノ編)

4 Pieces from Much Ado about Nothing, Op. 11

録音: 20-22 May 2013, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6229537
**:**
»  I. Madchen im Brautgemach
5.

-

**:**
»  II. Holzapfel und Schlehwein
6.

-

**:**
»  III. Gartenscene
7.

-

**:**
»  IV. Mummenschanz
8.

-

ルビン・ゴールドマーク - Rubin Goldmark (1872-1936)

**:**
4 Compositions for Violin: No. 2. Plaintive Air
9.
録音: 20-22 May 2013, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6229538

カール・ゴルトマルク - Karl Goldmark (1830-1915)

**:**
Suite for Violin and Piano in D Major, Op. 11

録音: 20-22 May 2013, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6229539
**:**
»  I. Allegro
10.

-

**:**
»  II. Andante sostenuto
11.

-

**:**
»  III. Allegro ma non troppo
12.

-

**:**
»  IV. Allegro moderato quasi allegretto
13.

-

**:**
»  V. Presto - Allegro vivace
14.

-

 
**:**
Romanze in A Major, Op. 51
15.
録音: 20-22 May 2013, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6229540

ロバート・ドーバー - Robert Dauber (1922-1945)

**:**
セレナード
16.

Serenade

録音: 20-22 May 2013, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6229541
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/01/01
このアルバムのタイトルである「KornGoldmark」。なんともオシャレではありませんか。若き才能あるヴァイオリニスト、コルソランはもともと2人のGOLD…コルンゴルトとゴルトマルクの音楽に魅せられていたと言います。ハンガリーに生まれ、古典派とロマン派の狭間で高い香りを放つゴルトマルク。そしてウィーンに生まれ、アメリカで活躍した"究極の世紀末音楽作曲家"コルンゴルト。もちろんこの2人に共通するのは名前の綴りだけではありません。胸を打つメロディと官能的な響きは、ともにワーグナーに根差すもので、後期ロマン派の薫陶を存分に受けたものと言えるでしょう。またゴルトマルクの甥であるルビンはアメリカ合衆国に渡り、ドヴォルザークの師事し作曲家となったという、アメリカに由来のある人です。ヴァイオリンを弾くコルソランはブダペストのユダヤ人の家庭に生まれた人で、ショルティに見出され、ニューヨークに留学。ジュリアード音楽院で学んだ後、現在はウィーンに住んでいます。まさに「2人のGOLD」を繋ぐ逸材と言えるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。