ホーム > アルバム > SM213 ラリエ/プーランク/ラフマニノフ/ラヴェル:室内楽作品集(トリオ・クレメローク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SM213
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
フランシス・プーランク Francis Poulenc , モーリス・ラヴェル Maurice Ravel , セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov , カシミール=テオフィル・ラリエ Casimer-Theophile Lalliet
編曲者
フランツ=ユルゲン・デルサム Franz-Jurgen Dorsam , Savka Konjikusic , Luis Simoes Marques
アーティスト
トリオ・クレメローク Trio Cremeloque

ラリエ/プーランク/ラフマニノフ/ラヴェル:室内楽作品集(トリオ・クレメローク)

Chamber Music - LALLIET, C.-T. / POULENC, F. / RACHMANINOV, S. / RAVEL, M. (Trio Cremeloque)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM213

全トラック選択/解除

カシミール=テオフィル・ラリエ - Casimer-Theophile Lalliet (1837-1892)

**:**
三重奏曲 Op. 22

Terzetto, Op.22

録音: June 2013, Studio Namouche Lissabon
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3776725
**:**
»  I. Introduzione Moderato
1.

-

**:**
»  II. Andante maestoso
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro moderato
3.

-

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
亡き王女のためのパヴァーヌ(トリオ・クレメロークによるオーボエ、ファゴットとピアノ編)
4.

Pavane pour une infante defunte (arr. Trio Cremeloque for oboe, bassoon and piano)

録音: June 2013, Studio Namouche Lissabon
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3776726

フランシス・プーランク - Francis Poulenc (1899-1963)

**:**
オーボエ、ファゴットとピアノのための三重奏曲 FP 43

Trio for Oboe, Bassoon and Piano, FP 43

録音: June 2013, Studio Namouche Lissabon
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3776727
**:**
»  I. Presto
5.

-

**:**
»  II. Andante
6.

-

**:**
»  III. Rondo
7.

-

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
ピアノ三重奏曲第1番 ト短調 「悲しみの三重奏曲」(トリオ・クレメロークによるオーボエ、ファゴットとピアノ編)
8.

Trio elegiaque No. 1 in G Minor (arr. Trio Cremeloque for oboe, bassoon and piano)

録音: June 2013, Studio Namouche Lissabon
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3776728
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/09/01
フランスの作曲家、指揮者、そしてパリ・オペラ座管弦楽団のオーボエ奏者でもあったラリエ。彼は得意としていたオーボエを中心としたいくつかの作品を残しましたが、それらはほとんど演奏される機会がありません。このトリオ・クレメロークのアルバムでは、そのラリエの古典的なスタイルを持つ端正な三重奏曲を中心に、ラヴェル、プーランク、ラフマニノフの作品を演奏しています。プーランクの作品はもともとこのピアノとオーボエ、ファゴットのために書かれたものですが、ラヴェルとラフマニノフは、新鮮な響きを楽しむことができるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。