ホーム > アルバム > SM222 スーク/ドヴォルザーク/ヤナーチェク:室内楽作品集(アンサンブル・ラロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SM222
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ヨゼフ・スーク Josef Suk , アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák , レオシュ・ヤナーチェク Leoš Janáček
アーティスト
アンサンブル・ラロ Ensemble Raro

スーク/ドヴォルザーク/ヤナーチェク:室内楽作品集(アンサンブル・ラロ)

Chamber Music - SUK, J. / DVOŘÁK, A. / JANÁČEK, L. (lived and dreamed) (Ensemble Raro)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM222

全トラック選択/解除

ヨゼフ・スーク - Josef Suk (1874-1935)

**:**
ピアノ四重奏曲 イ短調 Op. 1

Piano Quartet in A Minor, Op. 1

録音: 19-21 March 2015, Bayerischer Rundfunk Munchen, Studio 2
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4506223
**:**
»  I. Allegro appassionato
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegro con fuoco
3.

-

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
ピアノ四重奏曲第1番 ニ長調 Op. 23

Piano Quartet No. 1 in D Major, Op. 23

録音: 19-21 March 2015, Bayerischer Rundfunk Munchen, Studio 2
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4507336
**:**
»  I. Allegro moderato
4.

-

**:**
»  II. Andantino con variazioni
5.

-

**:**
»  III. Finale: Allegretto scherzando
6.

-

レオシュ・ヤナーチェク - Leoš Janáček (1854-1928)

**:**
おとぎ話 JW VII/5

Pohadka (Fairy-tale), JW VII/5

録音: 19-21 March 2015, Bayerischer Rundfunk Munchen, Studio 2
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4507337
**:**
»  I. Con moto
7.

-

**:**
»  II. Con moto
8.

-

**:**
»  III. Allegro
9.

-

ヨゼフ・スーク - Josef Suk (1874-1935)

**:**
命と夢 Op. 30 - 第10曲 クジョチョヴィツェの教会の片隅にある忘れられた墓々へ - 夢見るように

Zivotem a snem (Things Lived and Dreamt), Op. 30: X. Zapomenutym rovum v koutku hrbitova krecovickeho. Snive

録音: 19-21 March 2015, Bayerischer Rundfunk Munchen, Studio 2
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4507338
**:**
»  Zivotem a snem (Things Lived and Dreamt), Op. 30: X. Zapomenutym rovum v koutku hrbitova krecovickeho. Snive
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/04/01
このアルバムのタイトル「lived and dreamed」はチェコ出身の作家フランツ・カフカの「夢見て、望むことは、生命における素晴らしい問題である」という言葉から取られています。もちろん収録されているのはチェコを代表する3人の作曲家、ドヴォルザークとヤナーチェク、そして最近録音が増えてきたスークの作品です。前述のカフカも耳にしたであろうこれらの曲は、どれもモラヴィア民謡を基調とした情熱的な雰囲気を備えています。2004年に結成されたアンサンブル・ラロは日本でもおなじみ。新メンバーを加え、一層親密な音楽を奏でています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。