ホーム > アルバム > SM250 ドホナーニ:ピアノ五重奏曲第2番/六重奏曲(アンサンブル・ラロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SM250
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
エルネー・ドホナーニ Erno Dohnányi
アーティスト
アンサンブル・ラロ Ensemble Raro , ダイアナ・ケトラー Diana Ketler

ドホナーニ:ピアノ五重奏曲第2番/六重奏曲(アンサンブル・ラロ)

DOHNÁNYI, E.: Piano Quintet No. 2 / Sextet (Being EaRNeST) (Ensemble Raro)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM250

全トラック選択/解除

エルネー・ドホナーニ - Erno Dohnányi (1877-1960)

**:**
ピアノ五重奏曲第2番 変ホ短調 Op. 26

Piano Quintet No. 2 in E-Flat Minor, Op. 26

録音: 18-20 January 2016
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5203122
**:**
»  I. Allegro non troppo
1.

-

**:**
»  II. Intermezzo: Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Moderato
3.

-

 
**:**
六重奏曲 ハ長調 Op. 37

Sextet in C Major, Op. 37

録音: 18-20 January 2016
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5210127
**:**
»  I. Allegro appassionato
4.

-

**:**
»  II. Intermezzo: Adagio
5.

-

**:**
»  III. Allegro con sentimento
6.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro vivace, giocoso
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/10/01
2004年に結成されたアンサンブル・ラロは、日本にも何度も来日し、数多くのファンを獲得しているアンサンブルです。第1ヴァイオリンを名手アレクサンドル・シトコヴェツキーが務め、東欧系の作品を中心に数多くのレパートリーに真摯に取り組むことで知られていますが、今作も近代ハンガリーを代表する作曲家エルネー・ドホナーニ(指揮者クリストフ・フォン・ドホナーニの父)の2作品を演奏、各々の作品には、メンバーと親しい奏者を加え、より緊密な演奏を披露しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。