ホーム > アルバム > SM268 ベートーヴェン/ヴィトマン:器楽と室内楽作品集(グロイエル/フー・スンヨン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SM268
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
イェルク・ヴィトマン Jörg Widmann , ロベルト・シューマン Robert Schumann , ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms , ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
ミシャ・グロイエル Mischa Greull , フー・スンヨン Seung-Yeun Huh , アンドレアス・ヤンケ Andreas Janke

ベートーヴェン/ヴィトマン:器楽と室内楽作品集(グロイエル/フー・スンヨン)

Instrumental and Chamber Music (Horn) - BEETHOVEN, L. van / WIDMANN, J. (From Beethoven to Present - The Sound of the Horn) (Greull, Seung-Yeun Huh)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM268

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ホルン・ソナタ ヘ長調 Op. 17

Horn Sonata in F Major, Op. 17

録音: 8-10 February 2017, Radiostudio Zürich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5888488
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Poco adagio, quasi andante
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro moderato
3.

-

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
アダージョとアレグロ Op. 70

Adagio and Allegro, Op. 70

録音: 8-10 February 2017, Radiostudio Zürich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5888489
**:**
»  Adagio
4.

-

**:**
»  Allegro
5.

-

イェルク・ヴィトマン - Jörg Widmann (1973-)

**:**
ホルン・ソロのためのエアー
6.

Air for Horn Solo

録音: 8-10 February 2017, Radiostudio Zürich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5888490

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ホルン三重奏曲 変ホ長調 Op. 40

Trio for Violin, Horn and Piano in E-Flat Major, Op. 40

録音: 8-10 February 2017, Radiostudio Zürich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5888491
**:**
»  I. Andante - Poco più animato
7.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro - Molto meno allegro - Allegro
8.

-

**:**
»  III. Adagio mesto
9.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro con brio
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/07/01
1993年からチューリヒ・トーンハレ管弦楽団の首席ホルン奏者を務めるミシャ・グロイルのアルバム。音楽家の両親のもとで幼い頃から音楽に親しみ、父親からピアノのレッスンを受けたというグロイルは、11歳の時にモーツァルトのホルン協奏曲を聴き、ホルン奏者の道を選びました。幼い頃にはブラームスが住んでいたチューリヒの家を訪れ、一時期はブラームスがホルン三重奏を書いたバーデン=バーデンに住んでいたりと、グロイルにとって、ブラームスの三重奏は格別親しみのある作品だと語っています。また彼は、シューマンの「アダージョとアレグロ」はホルン奏者にとっては宝石であり、ベートーヴェンの作品はまるで親密な夫婦の対話であるとも。イェルク・ヴィトマンの独奏曲もグロイルにとっては未知なる発見に富んだ曲。どれも演奏する喜びに満ち溢れています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。