ホーム > アルバム > SM287 ミュラー=チューリッヒ:弦楽四重奏曲/弦楽三重奏曲/弦楽五重奏曲(ポポヴィチ/カザル四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SM287
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
パウル・ミュラー=チューリッヒ Paul Müller-Zürich
アーティスト
カザル四重奏団 Casal Quartet , ラズヴァン・ポポヴィチ Razvan Popovici

ミュラー=チューリッヒ:弦楽四重奏曲/弦楽三重奏曲/弦楽五重奏曲(ポポヴィチ/カザル四重奏団)

MÜLLER-ZÜRICH, P.: String Quartet / String Trio / String Quintet (R. Popovici, Casal Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM287

全トラック選択/解除

パウル・ミュラー=チューリッヒ - Paul Müller-Zürich (1898-1993)

**:**
弦楽四重奏曲第1番 変ホ長調 Op. 4

String Quartet No. 1 in E-Flat Major, Op. 4

録音: 21-22 February / 19-20 June 2017, Studio 1 SRF Zürich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7098581
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Allegro appassionato
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Molto vivace
4.

-

 
**:**
弦楽三重奏曲 Op. 46

String Trio, Op. 46

録音: 21-22 February / 19-20 June 2017, Studio 1 SRF Zürich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7102586
**:**
»  I. Molto tranquillo
5.

-

**:**
»  II. Allegro ritmico
6.

-

**:**
»  III. Andante tranquillo
7.

-

**:**
»  IV. Vivace
8.

-

 
**:**
弦楽五重奏曲 ヘ長調 Op. 2

String Quintet in F Major, Op. 2

録音: 21-22 February / 19-20 June 2017, Studio 1 SRF Zürich, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7102587
**:**
»  I. Allegro con brio
9.

-

**:**
»  II. Adagio molto espressivo
10.

-

**:**
»  III. Intermezzo: Allegretto
11.

-

**:**
»  IV. Allegro moderato
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2019/05/01
スイス、チューリッヒ出身のパウル・ミュラー=チューリッヒ。フィリップ・ヤルナッハとフォルクマール・アンドレーエに師事、パリへ留学して印象派の薫陶を受けた作曲家です。「この時代(20世紀半ば)に調性に敬意を払う作曲家は、快適さを求めるあまり伝統に縛られたままなのかもしれない」と語った彼の作品は、確かに調性感は希薄であるものの、決して無調や十二音で書かれているわけではなく、かなり聴きやすく美しい風情を持っています。とりわけ1950年に作曲された「弦楽三重奏曲」では彼が追求した独自の作風を聞き取ることができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。