ホーム > アルバム > SM299 マルトー:ヴァイオリン協奏曲/セレナード(ケッケルト/ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィル/グリュナイス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SM299
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
アンリ・マルトー Henri Marteau
アーティスト
ラオウル・グリュナイス Raoul Grüneis , ニコラス・ケッケルト Nicolas Koeckert , ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団 German Radio Saarbrücken-Kaiserslautern Philharmonic Orchestra , ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団のメンバー German Radio Saarbrücken-Kaiserslautern Philharmonic Orchestra, members

マルトー:ヴァイオリン協奏曲/セレナード(ケッケルト/ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィル/グリュナイス)

MARTEAU, H.: Violin Concerto / Serenade (Henri Marteau, Vol. 4) (N. Koeckert, German Radio Saarbrücken-Kaiserslautern Philharmonic, Grüneis)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM299

全トラック選択/解除

アンリ・マルトー - Henri Marteau (1874-1934)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 ハ長調 Op. 18

Violin Concerto in C Major, Op. 18

録音: 27-30 November 2017, Großen Sendesaal des Saarländischen Rundfunks, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6931679
**:**
»  I. Allegro risoluto - Allegro energico, ma non troppo
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro con fuoco, ma non troppo
3.

-

 
**:**
セレナード Op. 20

Serenade, Op. 20

録音: 28-29 January 2018, Großen Sendesaal des Saarländischen Rundfunks, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6931680
**:**
»  I. Entrata
4.

-

**:**
»  II. Adagietto
5.

-

**:**
»  III. Scherzino
6.

-

**:**
»  IV. Tema con variazoni
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/09/01
solo musicaが力を入れているアンリ・マルトーのシリーズ第4集。20世紀初頭における最も重要なヴァイオリン教師、奏者であったマルトーですが、彼の作品はほとんど注目されることがありません。しかし、晩年のマルトーが過ごしたドイツ、バイエルン州のリヒテンベルクにある「ハウス・マルトー」は、国際的な音楽教育施設として一年を通じて様々な講習会が開催されるなど、音楽の拠点になっています。マルトーの作品の研究も進んでおり、この一部が欠損していたヴァイオリン協奏曲も、指揮者グリュナイスの尽力で見事に再編成されました。アルバムでは同時期に作曲された管楽のためのセレナードも収録。マルトー作品の魅力を余すことなく伝えています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。