ホーム > アルバム > SM308 バルトーク/K.A. ハルトマン/ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲集(ファビオラ・キム/ミュンヘン響/エドゥセイ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SM308
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ウィリアム・ウォルトン William Walton , ベーラ・バルトーク Béla Bartók , カール・アマデウス・ハルトマン Karl Amadeus Hartmann
アーティスト
ケヴィン・ジョン・エドゥセイ Kevin John Edusei , ファビオラ・キム Fabiola Kim , ミュンヘン交響楽団 Munich Symphony Orchestra

バルトーク/K.A. ハルトマン/ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲集(ファビオラ・キム/ミュンヘン響/エドゥセイ)

Violin Concertos - BARTÓK, B. / HARTMANN, K.A. / WALTON, W. (1939) (Fabiola Kim, Munich Symphony, Edusei)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM308

全トラック選択/解除

Disc 1

ウィリアム・ウォルトン - William Walton (1902-1983)

**:**
ヴァイオリン協奏曲

Violin Concerto

録音: 5-8 November 2018, Bavaria Musikstudio, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7191639
**:**
»  I. Andante tranquillo
1.

-

**:**
»  II. Presto capriccioso alla napolitana
2.

-

**:**
»  III. Vivace
3.

-

カール・アマデウス・ハルトマン - Karl Amadeus Hartmann (1905-1963)

**:**
葬送協奏曲

Concerto funebre

録音: 23-24 January 2019, Bavaria Musikstudio, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7214141
**:**
»  I. Introduction: Largo
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Allegro di molto
6.

-

**:**
»  IV. Choral: Langsamer Marsch
7.

-

Disc 2

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第2番 BB 117

Violin Concerto No. 2, BB 117

録音: 5-8 November 2018, Bavaria Musikstudio, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7214142
**:**
»  I. Allegro non troppo
1.

-

**:**
»  II. Andante tranquillo
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto
3.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/05/01
1939年はヨーロッパの歴史において重要な節目となる年。この年の9月にナチス・ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発することとなりました。もちろんそれ以前から社会情勢は不安であり、人々の心も揺れ動いていました。このアルバムにはこの年に作曲された3曲のヴァイオリンとオーケストラのための作品を収録、秘められた不安を感じさせるウォルトン、悲痛な表情と怒りの感情を併せ持つハルトマン、民族的要素を高らかに歌い上げるバルトーク、この3人の作曲家の心情を探るユニークな1枚となっています。ヴァイオリンのソロを務めるファビオラ・キムは「並外れた正確さを持つ素晴らしいソリスト」とニューヨーク・タイムズ紙で絶賛された女性奏者。ヨーロッパを中心に活躍する注目の若手です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。