ホーム > アルバム > SM315 ライネッケ/C. シューマン:ピアノ協奏曲集(カウテン/南西ドイツ・プフォルツハイム室内管/ハンドシュ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SM315
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
クララ・シューマン Clara Schumann , ロベルト・シューマン Robert Schumann , カール・ライネッケ Carl Reinecke
アーティスト
アンドレア・カウテン Andrea Kauten , 南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団 South West German Chamber Orchestra, Pforzheim , ティーモ・ハンドシュ Timo Handschuh

ライネッケ/C. シューマン:ピアノ協奏曲集(カウテン/南西ドイツ・プフォルツハイム室内管/ハンドシュ)

Piano Concertos - REINECKE, C. / SCHUMANN, C. (Clara Schumann and Contemporaries) (A. Kauten, Handschuh)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM315

全トラック選択/解除

カール・ライネッケ - Carl Reinecke (1824-1910)

**:**
コンチェルトシュテュック ト短調 Op. 33

Konzertstück in G Minor, Op. 33

録音: 20-23 March 2019, Niefern-Öschelbronn
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7508200
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Lento ma non tanto
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
創作主題による変奏曲 「天使の主題による変奏曲」 Anhang F39
4.

Variations on an Original Theme, Anhang F39, "Geistervariationen" (Ghost Variations)

録音: 3-5 May 2019, Schopfheim
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7508201

クララ・シューマン - Clara Schumann (1819-1896)

**:**
ロベルト・シューマンの主題による変奏曲 Op. 20

Variationen über ein Thema von R. Schumann, Op. 20

録音: 3-5 May 2019, Schopfheim
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7508202
**:**
»  Variationen uber ein Thema von R. Schumann, Op. 20
5.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲 イ短調 Op. 7

Piano Concerto in A Minor, Op. 7

録音: 20-23 March 2019, Niefern-Öschelbronn
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7508203
**:**
»  I. Allegro maestoso
6.

-

**:**
»  II. Romanze: Andante non troppo con grazia
7.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro non troppo - Allegro molto
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2019/11/01
ハンガリー出身のアンドレア・カウテンは、スイスのバーゼル音楽院で学んだピアニスト。やわらかなタッチによる柔和な響きで、多数のCDをリリースしており、このアルバムでは、クララ・シューマンと彼女の同時代の作曲家たちに焦点を当てた作品を演奏しています。まずライネッケはシューマンとリストも認めた優れたピアニストで、ライプツィヒでシューマンと出会い、後にクララやリストと演奏会を開いて人気を博しました。ロベルトの《主題と変奏》は別名「天使の主題による変奏曲」、又は「幽霊の主題による変奏曲」として知られ、1854年に作曲されたもの。続くクララの《ロベルト・シューマンの主題による変奏曲Op.20》は、クララが慣例通り、ロベルトが家族と過ごした最後の誕生日に捧げた曲。クララの《ピアノ協奏曲》は、彼女が残した唯一のオーケストラ作品ですが、オーケストレーションでロベルトがかなりの部分を手伝ったと言われる二人の“愛の結晶”ともいえる作品。カウテンの選曲は、夫婦のライフ・ストーリーを象徴する作品をさりげなく並べ、聴く人を深淵な愛と音楽の世界へ誘ってくれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。