ホーム > アルバム > SM335 シューベルト:冬の旅(弦楽四重奏編)(ヴォイジャー四重奏団)

シューベルト:冬の旅(弦楽四重奏編)(ヴォイジャー四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SM335
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
フランツ・シューベルト Franz Schubert
編曲者
アンドレアス・ヘーリヒト Andreas Höricht
アーティスト
ヴォイジャー四重奏団 Voyager Quartet

シューベルト:冬の旅(弦楽四重奏編)(ヴォイジャー四重奏団)

SCHUBERT, F.: Winterreise (arr. for string quartet) (Voyager Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SM335

全トラック選択/解除

フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)

**:**
冬の旅 Op. 89 D. 911 (A. ヘーリヒトによる弦楽四重奏編)(抜粋)

Winterreise, Op. 89, D. 911 (arr. A. Höricht for string quartet) (excerpts)

録音: 29-31 March 2019, Konzertsaal 1800 in St. Christoph am Arlberg, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7623673
**:**
»  No. 1. Preludio - Gute Nacht - Intermezzo I
1.

-

**:**
»  No. 3. Gefror'ne Tränen - Intermezzo II
2.

-

**:**
»  No. 5. Der Lindenbaum - Intermezzo III
3.

-

**:**
»  No. 7. Auf dem Flusse - Intermezzo IV
4.

-

**:**
»  No. 9. Irrlicht - Intermezzo V
5.

-

**:**
»  No. 11. Frühlingstraum - Intermezzo VI
6.

-

**:**
»  No. 12. Einsamkeit - Intermezzo VII
7.

-

**:**
»  No. 20. Der Wegweiser - Intermezzo VIII
8.

-

**:**
»  No. 21. Das Wirtshaus - Intermezzo IX
9.

-

**:**
»  No. 22. Mut - Intermezzo X
10.

-

**:**
»  No. 23. Die Nebensonnen - Intermezzo XI
11.

-

**:**
»  No. 24. Der Leiermann
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
歌曲王シューベルトが残した約600曲の歌曲の中で、ストーリー性をもつ連作歌曲2作のうちの1つ「冬の旅」の弦楽四重奏版の登場です。「若者の失恋とさすらい」が、幸福への渇望や畏れ、孤立感や虚無感という側面から描かれており、常に危機感や緊張感が漂う「冬の旅」。曲中の繰り返しは、主人公のよろめきながら歩む、重く、果てしない旅の心象風景を表すかのようで、このヘーリヒトによる弦楽四重奏版では、最初は歌がないことで物足りなさを覚えるかもしれませんが、その高い芸術性に徐々に引き込まれることでしょう。また各曲は途切れることがなく、特別に作曲されたインテルメッツォが歌と歌の間を橋のようにつなぐ役割を果たすと同時に、一種の距離感を演出しています。ヴォイジャー四重奏団は、2014年に、かつては有名クワルテットに在籍したり、バイエルン放送響のメンバーであった奏者により結成され、世界中の音楽祭や主要コンサートホールで好評を博しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。