ホーム > アルバム > SOB08 ベルリオーズ:序曲「リア王」 /劇的交響曲「ロメオとジュリエット」 - 愛の情景/クレオパトラの死/夢想とカプリス(バーゼル響/ボルトン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SOB08
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz
作詞家
ピエール=アンジュ・ヴィエイヤール Pierre-Ange Vieillard , エミール・デシャン Émile Deschamps
アーティスト
ヴェッセリーナ・カサロヴァ Vesselina Kasarova , バーゼル交響楽団 Basel Symphony Orchestra , アイヴォー・ボルトン Ivor Bolton , ユン・ソヨン Soyoung Yoon

ベルリオーズ:序曲「リア王」 /劇的交響曲「ロメオとジュリエット」 - 愛の情景/クレオパトラの死/夢想とカプリス(バーゼル響/ボルトン)

BERLIOZ, H.: Roi Lear Overture (Le) / Roméo et Juliette: Love Scene / La mort de Cléopâtre / Rêverie et Caprice (Of Madness and Love) (Bolton)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SOB08

全トラック選択/解除

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
序曲「リア王」 Op. 4
1.

Le roi Lear Overture, Op. 4

録音: 25-28 August, 2014, Musiksaal, Stadtcasino Basel, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4081653
 
**:**
劇的交響曲「ロメオとジュリエット」 Op. 17 - 愛の場面 音も人影もないキャピュレット家の庭
2.

Romeo et Juliette, Op. 17: Love Scene: Night in the Capulet's Garden - Snatches of Music from the Ball

録音: 25-28 August, 2014, Musiksaal, Stadtcasino Basel, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4081654
 
**:**
夢想とカプリス Op. 8
3.

Reverie et Caprice, Op. 8

録音: 25-28 August, 2014, Musiksaal, Stadtcasino Basel, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4081655
 
**:**
クレオパトラの死

La mort de Cleopatre

録音: 25-28 August, 2014, Musiksaal, Stadtcasino Basel, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4081656
**:**
»  Allegro vivace con impeto
4.

-

**:**
»  Meditation: Largo misterioso, "Grands Pharaons"
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/05/01
ベルリオーズ(1803-1869)自身が「私の人生はとても多くの興味深い内容を盛った小説である」と語り、また45歳のときには実際に「回想録」の執筆もはじめるなど、その生き方も音楽に負けず劣らず波乱万丈の一途を辿った人でした。この回想録は彼の死後、1870年に出版されましたが、これを読んだ読者たちは、ここに横溢する狂気に驚くと同時に、彼の天才についての思いを巡らせたのです。このアルバムは、ベルリオーズがシェイクスピア作品に触発された作品が主に収録されていますが、極度に歪曲、拡大された人物描写や壮大な音楽、濃厚な表情は、確かに他の作曲家たちの同傾向の作品に比べると、一味も二味も違うもの。ベルリオーズという人物の特異さが遺憾なく強調されていると言ってもよいでしょう。今回、これらの作品を演奏するのは、オペラでも活躍するアイヴォー・ボルトン。「クレオパトラの死」では名歌手カサロヴァを迎え、充実した演奏を聴かせます。また、ヴァイオリン協奏曲ともいえる「夢想とカプリス」は歌劇「ベンヴェヌート・チェッリーニ」から派生した作品で、こちらも興味深い音楽です。ユン・ソヨンの力強い演奏が魅力的です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。