ホーム > アルバム > SOMMCD0109 マーラー:さすらう若人の歌/大地の歌(室内楽編)(カーティス/ギロリー/スタウト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SOMMCD0109
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
ハンス・ベートゲ Hans Bethge , グスタフ・マーラー Gustav Mahler
編曲者
アルノルト・シェーンベルク Arnold Schoenberg , ライナー・リーン Rainer Riehn
アーティスト
ケネス・ウッズ Kenneth Woods , オーケストラ・オブ・ザ・スワン Orchestra of the Swan , エマ・カーティス Emma Curtis , ブレナン・ギロリー Brennen Guillory , デイヴィッド・スタウト David Stout

マーラー:さすらう若人の歌/大地の歌(室内楽編)(カーティス/ギロリー/スタウト)

MAHLER, G.: Lieder eines fahrenden Gesellen / Das Lied von der Erde (Curtis, Guillory, Stout)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SOMMCD0109

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
さすらう若人の歌(A. シェーンベルクによる声と管弦楽編)

Lieder eines fahrenden Gesellen (Songs of a Wayfarer) (arr. A. Schoenberg for voice and orchestra)

録音: 19 November 2010, Townsend Hall, Shipston-on-Stour, Warwickshire, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3326930
**:**
»  No. 1. Wenn mein Schatz Hochzeit macht
1.

-

**:**
»  No. 2. Ging heut' morgen ubers Feld
2.

-

**:**
»  No. 3. Ich hab' ein gluhend Messer
3.

-

**:**
»  No. 4. Die zwei blauen Augen
4.

-

 
**:**
大地の歌(A. シェーンベルク、R. リーンによる2声と管弦楽編)

Das Lied von der Erde (The Song of the Earth) (arr. A. Schoenberg and R. Riehn for 2 voices and orchestra)

録音: 19 November 2010, Townsend Hall, Shipston-on-Stour, Warwickshire, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3326931
**:**
»  I. Das Trinklied vom Jammer der Erde (The Drinking Song of Earth's Misery)
5.

-

**:**
»  II. Der Einsame im Herbst (The Lonely One in Autumn)
6.

-

**:**
»  III. Von der Jugend (Of Youth)
7.

-

**:**
»  IV. Von der Schonheit (Of Beauty)
8.

-

**:**
»  V. Der Trunkene im Frühling (The Drunkard in Spring)
9.

-

**:**
»  VI. Der Abschied (The Farewell)
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2018/06/01
シェーンベルクが創設した“私的演奏協会”では、同時代の作品を少人数のアンサンブルに編曲して演奏することが、しばしば行われていました。このマーラーの「大地の歌」と「さすらう若人の歌」はシェーンベルク自身が編曲を行い、原曲の持つ多彩な響きが無理なく小さな編成へと移し替えられています。ウッズが指揮する「オーケストラ・オブ・ザ・スワン」は編曲版の繊細な響きを生かしつつ、原曲に迫る雄弁な音楽を聴かせています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。