ホーム > アルバム > SOMMCD0154 グリーグ:ノルウェー舞曲集/気分(マッケイブ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SOMMCD0154
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
エドヴァルド・グリーグ Edvard Grieg
アーティスト
ジョン・マッケイブ John McCabe

グリーグ:ノルウェー舞曲集/気分(マッケイブ)

GRIEG, E.: Norwegian Dances / Moods (McCabe)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SOMMCD0154

全トラック選択/解除

エドヴァルド・グリーグ - Edvard Grieg (1843-1907)

**:**
気分 Op. 73

Stimmungen (Moods), Op. 73

録音: 13 November 1978, St George the Martyr, Borough High St, London SE1 1JA, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4617385
**:**
»  No. 1. Resignation
1.

-

**:**
»  No. 2. Scherzo-Impromptu
2.

-

**:**
»  No. 3. Natligt ridt (A Ride at Night)
3.

-

**:**
»  No. 4. Folketone (Folk Tune)
4.

-

**:**
»  No. 5. Studie, "Hommage a Chopin"
5.

-

**:**
»  No. 6. Studenternes serenade (Students' Serenade)
6.

-

**:**
»  No. 7. Lualat (The Mountaineer's Song)
7.

-

 
**:**
スレッター(ノルウェーの農民舞曲) Op. 72

Slatter (Norwegian Dances), Op. 72

録音: 13 November 1978, St George the Martyr, Borough High St, London SE1 1JA, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4617387
**:**
»  No. 1. Giboen's Bridal March
8.

-

**:**
»  No. 2. Jon Vaestafe's Spring dance
9.

-

**:**
»  No. 3. Bridal March from Telemark
10.

-

**:**
»  No. 4. Halling from the Fairy Hill
11.

-

**:**
»  No. 5. Pillar from the church-play
12.

-

**:**
»  No. 6. Gangar
13.

-

**:**
»  No. 7. RotnamsKnut
14.

-

**:**
»  No. 8. Bridal March
15.

-

**:**
»  No. 9. Niels Rekve's halling
16.

-

**:**
»  No. 10. Knut Lurasens halling I
17.

-

**:**
»  No. 11. Knut Lurasens halling II
18.

-

**:**
»  No. 12. Springdance after Myllarguten
19.

-

**:**
»  No. 13. Havar Giboen's Dream at Oterholt bridge
20.

-

**:**
»  No. 14. The Bridal Procession of the Goblins at Voss
21.

-

**:**
»  No. 15. The Bride from Skuldal
22.

-

**:**
»  No. 16. The Girls from Kivledal
23.

-

**:**
»  No. 17. Gangar
24.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/05/01
イギリスの作曲家でピアニストとしても知られたジョン・マッケイブ(1939-2015)。ハイドン演奏のスペシャリストであるとともに、イギリス近現代作品を積極的に紹介した功績が讃えられています。あまり知られていませんが、実はマッケイブはグリーグ作品を大変愛しており、生涯に渡ってグリーグを崇拝していました。とりわけ各地の民謡を集めた「スレッター」はマッケイブの愛奏曲であり、この刺激的な作品から多くノインスピレーションを得たと語っています。アルバムの録音は1978年に行われましたが、オリジナル・テープの損傷が激しかったため、SOMM RECORDINGSのエンジニア、マーティン・ニコラスとポール・アーデン・テイラーがテープを丁寧に修復、アナログの温かい響きはそのままに、明快なサウンドとして蘇ったというものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。