ホーム > アルバム > SOMMCD0617 ブリテン/ブルックナー/ルッティ/タヴナー:合唱作品集(奇しき薔薇の聖母)(ロイヤル・バーミンガム音楽院室内合唱団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
SOMMCD0617
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
オラ・イェイロ Ola Gjeilo , ヒーリー・ウィラン Healey Willan , ピエール・ヴィレット Pierre Villette , トロン・クヴェルノ Trond Kverno , ジョージ・ダイソン George Dyson , ジョン・タヴナー John Tavener , マーティン・ダルビー Martin Dalby , ハーバート・ハウエルズ Herbert Howells , ジュディス・ビンガム Judith Bingham , ベンジャミン・ブリテン Benjamin Britten , アントン・ブルックナー Anton Bruckner , セシリア・マクドウォール Cecilia McDowall , ニコラス・ラドフォード Nicholas Ludford , カール・リュッティ Carl Rütti
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament , 不詳 Anonymous , ジェラード・マンリ・ホプキンス Gerard Manley Hopkins , ミサ典礼文 Mass Text , ミハイル・レールモントフ Mikhail Lermontov , Roland Bouheret
アーティスト
ポール・スパイサー Paul Spicer , ロイヤル・バーミンガム音楽院室内合唱団 Royal Birmingham Conservatoire Chamber Choir , Callum Alger , Isabella Parker , Imogen Russell

ブリテン/ブルックナー/ルッティ/タヴナー:合唱作品集(奇しき薔薇の聖母)(ロイヤル・バーミンガム音楽院室内合唱団)

Choral Concert: Royal Birmingham Conservatoire Chamber Choir - BRITTEN, B. / BRUCKNER, A. / RÜTTI, C. / TAVENER, J. (Rosa Mystica)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/SOMMCD0617

全トラック選択/解除

ジョン・タヴナー - John Tavener (1944-2013)

**:**
神の母よ、我はここに立ち
1.

Mother of God, here I stand

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928488

ニコラス・ラドフォード - Nicholas Ludford (1490-1557)

**:**
めでたし、その御懐胎
2.

Ave cujus conceptio

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928489

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
アヴェ・マリア WAB 6
3.

Ave Maria, WAB 6

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928490

マーティン・ダルビー - Martin Dalby (1942-)

**:**
救いの聖母
4.

Mater salutaris

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928491

オラ・イェイロ - Ola Gjeilo (1978-)

**:**
セカンド・イヴ
5.

Second Eve

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928492

ジョージ・ダイソン - George Dyson (1883-1964)

**:**
マニフィカトとヌンク・ディミティス ヘ長調 - マニフィカト
6.

Magnificat and nunc dimittis in F Major: Magnificat

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928493

ベンジャミン・ブリテン - Benjamin Britten (1913-1976)

**:**
奇しき薔薇の聖母
7.

Rosa Mystica

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928494

ハーバート・ハウエルズ - Herbert Howells (1892-1983)

**:**
マニフィカトとヌンク・ディミティス - マニフィカト
8.

Magnificat and Nunc Dimittis (Chichester Service): Magnificat

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928495

カール・リュッティ - Carl Rütti (1949-)

**:**
アヴェ・マリア
9.

Ave Maria

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928496

ヒーリー・ウィラン - Healey Willan (1880-1968)

**:**
アイ・ビヘルド・ハー・ビューティフル・アズ・ア・ダヴ Op. 312
10.

I Beheld her Beautiful as a Dove, Op. 312

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928497

ジュディス・ビンガム - Judith Bingham (1952-)

**:**
めでたし、この上なく聖なる乙女
11.

Ava Virgo Sanctissima

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928498

ピエール・ヴィレット - Pierre Villette (1926-1998)

**:**
聖母への賛歌 Op. 24
12.

Hymne à la Vierge, Op. 24

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928499

トロン・クヴェルノ - Trond Kverno (1945-)

**:**
めでたし、海の星よ(アヴェ・マリス・ステラ)
13.

Ave Maris Stella

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928500

セシリア・マクドウォール - Cecilia McDowall (1951-)

**:**
オブ・ア・ローズ
14.

Of a Rose

録音: 27-28 June 2019, St. Alban the Martyr, Birmingham, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7928501
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/05/01
いつの時代も、聖母マリアの献身的な愛は永遠の魅力として人々の心を捉えてきました。このアルバムは、古くは1485年生まれの荘厳なポリフォニーが特徴的なラドフォードの作品から、ドラマティックなブルックナー、ブリテン、そして現代の作曲家の作品まで、様々な時代の聖母マリアをテーマとした合唱曲を集めています。20世紀イギリスを代表するタヴナーの「神の御母よ、我ここに立ち」は、レールモントフの詞による神秘的な癒しの雰囲気をもつ楽曲。他には聖母マリアがキリストの母であることを神に感謝する内容の「マニフィカト」他、時代によって異なる表現方法で聖母を讃える全14曲です。またアルバム・タイトルは、ブリテンの「奇しき薔薇の聖母」から採られています。演奏は、ロイヤル・バーミンガム音楽院の室内合唱団と、イギリスでも屈指の合唱指揮者スパイサー、そしてオルガンは、現在ウェストミンスター大聖堂でオルガン研究をしているアルジャーです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。